「トップスイン」をおさらい! 簡単にこなれる、オシャレなやり方♪

トップスの裾をボトムに入れる「トップスイン」。上半身をコンパクトにまとめることでオシャレに見せる着こなし方ですが、何となく難しいイメージも。しかしポイントを押さえれば意外と簡単なんです!

今回ご紹介するのは、「トップスイン」のおさらいコーデ。人気のテクニックをご紹介します♪

ナチュラルにこなれる「前だけイン」

トップスインをさりげなく着こなしたい、という方におすすめなのが「前だけイン」するコーディネート。

前だけインとは、前部分の裾はボトムに入れ込み、後ろ側は出す着こなし方。前の生地をたるませつつ、サイドをなめらかなカーブにすると、裾を出した後ろ側へウエストラインが自然につながります。

ウエストを強調せず、こなれ感を演出できるのが、前だけインの魅力。生地の分量を調節してフンワリ膨らませるようにすると、コーディネートがナチュラルに決まりますよ♪

前だけイン、「サイドスリットのトップス」を使えばテクニック不要!

サイドスリットのトップスを使えば、「前だけイン」のコーディネートがさらに簡単に。

スリットが入っているのでサイドをカーブさせる必要がなく、分量を整える必要なし。前から脇のスリット部分はイン、スリットから後ろ側は出すだけで、おしゃれコーディネートがテクニック不要で楽しめます。

きちんと見えNo.1! 「ウエストインの全部入れ」

上半身をすっきり見せたい時は、「ウエストインの全部入れ」がおすすめ。トップスのサイズがゆるすぎると生地がモタついてしまうので、程よいゆとりのトップスにお似合いです。

メリハリが効いて、きちんと見えするのが特徴。品のいいスタイリングに決まります。

前開きのシャツやブラウスでやってみよう! 「片方イン」のコーディネート

前開きのシャツやブラウスをゆるっと着こなしたい時は、「片方イン」のコーディネートがおすすめ。左右のどちらか片方の前裾だけをトップスインする着こなし方です。

このコーディネートは「片方の裾をあえて出している感」を演出するのがポイント。そこでスナップのように、おしゃれなトップスやシューズなどキレイめ要素のあるアイテムをプラスすると◎。片方インがダラしなく見えず、こなれたムードに仕上がりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。