ラフすぎ回避!「Tシャツ」を一年中おしゃれに着るためのテクニック集

シンプル派の定番「Tシャツ」。夏はもちろん、着こなし次第で通年重宝する便利なアイテムですが、考えずにコーデを組むとラフになりすぎて手抜き感が出てしまうことも……。

そこで今回は、シンプルだけどラフすぎ回避を目指すべく、Tシャツをおしゃれに着るコーデテクニックをご紹介します。

【プリントTシャツ】デニム以外のパンツできれいめに!

一枚でおしゃれが楽しめる「プリントTシャツ」。元々カジュアル寄りのテイストなので、ラフさを緩和するコツは「デニム以外のパンツ」と合わせること。Tシャツ×デニムパンツのスタイルがカジュアルになりすぎた……なんてときには、ワイドパンツやタックパンツで組み直してみてください。大人っぽくまとまるのが実感できるはずです。

【ベージュ・ホワイト系のTシャツ】同系色でワントーンに決める

トップスとボトムスを同系色にするだけ! 簡単でありながらあか抜けて見えるこの「ワントーンコーデ」は、Tシャツを着るときこそぜひ使いたいテクニックです。

今季のおすすめは、ベージュやホワイトでまとめること。2020年らしく装えるので試してみてくださいね。

【Tシャツワンピース】パンツやスカートと重ねてコーデする

今季は「レイヤード」がトレンドスタイル。Tシャツワンピースも同じく、パンツやスカートを重ねて着ると今年っぽく決まり、さらにはコーデのバリエーションも増やせます。

また、クローゼットに丈感が難しいTシャツワンピースが眠っていたら、スカートとレイヤードしてみて。バランス調整が図れるはずです。

【Tシャツ×キャミワンピース】大人可愛く着る♡

今季、例年以上に可愛く映えると人気なのが「キャミソールワンピース」。そのインナーとしてTシャツは必須の存在。キャミワンピを持っているなら、積極的に手持ちのTシャツと合わせていきましょう。Tシャツの新たな大人可愛い着こなしに出会えるはず。

シンプルだからこそ着回し力が高い「Tシャツ」。ボトムス問わず合わせてみる、重ねられるアイテムに重ねてみる……そんな風にトライすると、コーデのバリエーションが増えていきますよ。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。