大人女子の秋コーデを魅力的に♡ 「プリーツスカート」の取扱説明書

オールシーズン使えるアイテム「プリーツスカート」。身にまとうだけで品よく仕上がるから、大人女子のワードローブに一着は用意しておきたいですよね♥ しかし、そもそもスカートを穿かないなどの理由で着こなしに迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プリーツスカートの秋っぽコーデと共に取り入れ方を解説! #CBKモデルを参考に、おしゃれなプリーツスカートの着こなしをマスターしちゃいましょう。

「アシンメトリーなプリーツスカート」で上品な仕上がりに

プリーツスカートの中でもインパクトのあるアシンメトリーデザインは、色味を落ち着かせて品よく仕立てて♥ スナップのように、トップスはスカートと同系色のニットでまとめつつ、パールビスチェで女性らしい雰囲気を演出したテクニックはぜひマネしたいですね。こんな風にジャケットやショートブーツを可愛く着こなしている姿を見ると、秋が待ち遠しくなりそう♪

「レオパード柄のプリーツスカート」をきれいめに着こなして

広がりの少ないレオパード柄プリーツスカートをお持ちなら、ぜひ光沢感のあるブラウスを合わせてみて。カジュアルになりすぎない、こなれたオフィスコーデに仕立てられます♥

足元とバッグもベージュ・ブラウンで統一すれば、スタイリングにまとまりが誕生。もう少し色味が欲しいときは、くすんだブルーにチェンジすると程よく華やかな印象になりますよ。

「カーキのプリーツスカート」は秋コーデの受け皿にぴったり

体にフィットするニットのトップスに、切り替えプリーツデザインがキュートなスカートを組み合わせて大人の女性らしいスタイリングに♥ 配色はブラウンとカーキなら秋らしく仕上がります。

トップスのカラーをチェンジして、印象の変化を楽しむのも素敵です。たとえば、血色アップを叶えるなら自分の肌色に合うオレンジを。今年っぽく見せるならグレーがかったモーブピンクがおすすめですよ。小物はホワイトでまとめてクリーンな雰囲気に導いて。

「アイボリーのプリーツスカート」はインしなくとも好バランス

最後にご紹介するのは、トップスをインする着こなしが苦手な方におすすめしたいスタイリング。アイボリーやベージュなど柔らかな色味のプリーツスカートは、トップスアウトのマストアイテムと言えそうです♥

その理由は、シンプルなトップスの裾出しスタイルでも、色の効果で重たい印象になりにくく、日々のスタイリングに使いやすいんです。なんだかバランスが難しいと感じたら、フロントにデザインのあるトップスを選んでみて。インしなくともメリハリがつくので、ぜひトライしてくださいね。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。