一枚あると大活躍♥ 「ミントグリーンのプルオーバー」スタイル4選【ファッションライターnacoが厳選!】

どんなコーデとも馴染みがいいプルオーバーは、着回しできる便利なアイテム! 単品はもちろん、シャツと合わせてレイヤードを楽しむことも可能です。そこで、今年ぜひおすすめしたいのが「ミントグリーンのプルオーバー」。爽やかでトレンド感のある色味が、いつものスタイルをイマドキなムードにアップデートしてくれます。

今回はセレクトショップ販売員などを13年以上経験し、現ファッションライターであるnacoがおすすめスタイルをピックアップ。コーディネートの参考にしてくださいね♪

1. ナチュラルに仕上げる♥ ミントグリーンのプルオーバー×ニットスカートコーデ

私がナチュラル派さんにぜひ試して欲しいのが、こちらのスタイル! クロシェ編みのニットスカートとミントグリーンのプルオーバー合わせが優しげでとても素敵だからです。

ちょっとくすみ感のある色味をあえてセレクトしてみると、より今年らしい着こなしが楽しめますよ。足元にも、スカートと同じ色味のシューズを持ってきているところがGOOD!

2. ミントグリーンにグレーを合わせて大人シックに決める!

次にご紹介するのは、私が大好きなスタイリング。ミントグリーンのプルオーバーとグレーボトムの色合いがシックで新鮮です。

ミントグリーンには、無難にホワイトを合わせたくなるところですが、あえてグレーを選ぶのもおすすめ。都会的で洗練された雰囲気に仕上がりますよ。トップスをボトムにINすることで美スタイルを叶えているのも拍手! 脚長効果も狙えるのでぜひマネしたいですね。

3. カジュアル派さんに! ミントグリーンのプルオーバー×デニムパンツコーデ

こちらのコーデはカジュアル派さんにおすすめ! デザインにひと捻りあるトップスを合わせることで、抜け感のあるデニムパンツスタイルが楽しめるのがその理由です。

ミントグリーンのワンショルダープルオーバーの上にシンプルなシャツを羽織って、デニムパンツをプラス。プルオーバーが適度な肌見せを叶えてくれるから、カジュアルなスタイルでありながらも女性らしさが薫ります。

4. 2wayタイプのミントグリーンプルオーバーがあれば、スタイル自在♥

私がコーディネートがとても上手と唸ったのは、こちらのスタイル。一枚のミントグリーンのプルオーバーで、全く表情の違うスタイルを作っているところが秀逸です。

左は、ライトなベージュパンツと合わせてニュアンス感のあるスタイルを。真ん中では前後ろを逆に着こなし、開きのあるネックを見せてエッジの効いたコーデに。右はデニムパンツ合わせで、大人カジュアルな印象に仕上げています。2wayタイプのプルオーバーは便利なので、ぜひこんな風に活用したいですね。


ファッションライターnacoが厳選!【ミントグリーン】その他の記事

配色 >>>
● 「ミントグリーンに合う色」に迷ったら? ”これを選べば間違いなし”の配色

季節 >>>
● トレンドカラーはどう取り入れる? 「ミントグリーン」の冬コーデ4選
● 夏スタイルのお手本♥ 「ミントグリーン」のコーデ集

トップス >>>
● ミントグリーンのトップスを狙え! 「今使える優秀な一着」
● 「ミントグリーンのTシャツ」さえあればいい。ファッションライターnacoの厳選アイテム集
● これから着たいモノNo.1♥ 「ミントグリーンのニット」スタイル集
● 最旬トレンド「ミントグリーンのシャツ」で作るコーデ集
● 「ミントグリーンのブラウス」で上品見え♥ 大人の旬スタイル4選

ワンピース・セットアップ >>>
● 「ミントグリーンのワンピース」があれば即旬ムード♥ ファッションライターnacoの厳選スタイル集
● 忙しい日の頼もしい味方! 「ミントグリーン」のセットアップスタイル4選

スカート・パンツ >>>
● 大人の最旬カジュアルは「ミントグリーンのパンツ」にお任せ! 推しコーデ4選
● 30代女子に似合う「ミントグリーンのスカート」は? おすすめ最旬スタイル

アウター >>>
● 「ミントグリーンのコート」スタイル4選
● 冬に着たい「ミントグリーンのコート」スタイル4選

バッグ >>>
● トレンドカラーはバッグで取り入れる♥ 「ミントグリーンのバッグ」スタイル4選


The following two tabs change content below.
naco

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。