もう9月、でも暑い! 涼しくいられる秋っぽコーデ手帖

9月に入り、暦の上では秋が始まったとはいえ、まだまだ暑さの厳しい日が続いています。少しずつ秋めく風を感じる中でも、残暑には悩まされるところ。

そこで今回は、暑さを感じる日でも涼しくいられる”秋っぽコーデ”をご紹介します! 服装選びに迷いやすい季節の変わり目を、ムード作りでうまく乗り切りましょう♪

暖色・濃色の「こっくりカラー」を取り入れて秋っぽく

半袖や薄手の洋服でも、今すぐ秋っぽくなれるのが暖色・濃色などの「こっくりカラー」。色合いに重みを持たせるだけで、夏っぽさを払拭した”あたたかみ”が生まれます。重たさによる地味見えを避けるには、足の甲を出してスッキリさせることが解決策に♪

秋を連想させる「柄」をコーデの主役に抜てき

スナップ1枚目のチェック柄・2枚目のペイズリー柄のように、お次は「秋らしいイメージの柄」を選んでみて。コーデの主役として目立たせれば、どんなに暑い日でも季節感たっぷりの雰囲気に。今すぐ着られる涼しいアイテムなら、秋が深まる頃にはレイヤードとして活用しやすく便利です!

見た目は秋っぽく、でも「薄手の素材」で涼しく!

見た目から秋の香りを感じる、長袖のトップスや羽織りアイテム。「おしゃれだけど暑い……。」となってしまう長袖を涼しく着るには、薄手の素材選びが大切です。トレンドのシアーシャツやメッシュニットなら、最先端でありながらも快適に。インナーもキャミソール一枚ですっきりと着られます。

「秋小物」を投入するだけ! 簡単&お手頃アップデート

靴・バッグなどの「秋小物」があれば、夏の涼しいコーデはそのままにアップデートが可能! 例えばスナップ1枚目のように”秋色ブラウン”をたっぷり小物で投入したり、2枚目のように”秋らしいゴブラン織りバッグ”を1点目立たせたりしても素敵です。小物を替えるだけでも旬度は増すので、ぜひお試しを。

The following two tabs change content below.
Riri

Riri

大のおしゃれ好きで、販売員を経験したのちアパレル企業のEC事業部に勤務。皆様のお役に立てるようなファッション情報を発信します。