【骨格ストレート】にぴったりな服は? 「立体的な体型」に似合う3つの要素を教えます!

たくさんのトレンド情報が飛び交う時代。その一方で自分に似合う・似合わないの基準がよくわからなくなってしまった方も多いのではないでしょうか。
見極めのポイントは骨格タイプにあり! 「ストレート・ナチュラル・ウェーブ」と3種類に分かれた骨格タイプごとに、似合う「素材感・フィット感・丈感」の要素が違うんです。

今回は、【骨格タイプ:ストレート】と言われる「立体的な体型」についてご紹介。3つの要素ごとに解説します。

※本記事は登場するモデルさんの骨格タイプを断定するものではなく、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

「骨格ストレート」って? → “シンプルイズベスト”が似合う体型です!

「ストレートな体型」の特徴は、体のラインは横から見るとメリハリがあり立体的ですが、正面から見るとウエストのくびれや腰の出っ張りは少なくて直線的。どちらかというと筋肉がつきやすく、肌は豊かなハリがあります。

このような体型の方は、薄くて柔らかな質感の素材を選ぶのは避けるのがベター。メリハリがあるボディでは物足りなく感じられるため、それが安っぽさや品のない印象に繋がる恐れがあるんです。

次のセクションからは「素材感・フィット感・丈感」ごとに似合うファッションを詳しく解説します。

【素材感】厚くてハリのある引き算シルエットがベスト!

骨格ストレートさんは体型に肉感とメリハリがあるので、素材も厚手でハリ感のあるものがよく似合います。

スナップでは、なめらかなハリとコシを感じさせるジャケットをセレクト。フリルやプリーツなどの装飾を抑えた引き算スタイルが、存在感のあるボディをあか抜けた印象へと導きます。

【フィット感】「つかず離れず」がちょうどいい!

骨格ストレートさんのメリハリのあるボディを美しく見せるのは、肉感を程よく拾う、スリム過ぎずビッグ過ぎない「ちょうどいいフィット感の服」です。例えばシャツのベストサイズを選ぶなら、服の切り替えラインが真っすぐ伸びているものがおすすめです。

キレイに着こなすためのポイントは次の3点。


1. 襟を立てる。
2. 袖はロールアップする。
3. フロントのボタンは第2ボタンまで外す。


モデルさんのように顔まわりがすっきり見えるので、ぜひトライしてみて。

【丈感】「定番の丈」を選ぶだけであか抜ける!

骨格ストレートさんの丈は、トップスからボトムスまで含めて「スタンダードなもの」が一番しっくりきます!


●スカート:ひざ丈。
●パンツ:しっかり長さのあるフルレングス。
●トップス:腰が隠れる標準丈、またはもう少し長い丈でもOK! ボトムに合わせてバランスを整えるとうまくいきますよ。


モデルさん着用のニットのように、シンプルなVネック、かつ裾にリブが入っていると、全体的にスッキリ見えるだけでなく着丈の調節も可能に。ワードローブに1枚あると重宝するはずです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。