「ドッキング」と「切り替え」、どこが違う? よく似た2種類のデザインの違い&コーデをご紹介!

今シーズン、洋服のデザインで見かけるのが「ドッキング」や「切り替え」というワード。どちらも似た印象で同じ雰囲気がありますが、よく見ればハッキリした違いがあるんです。

今回ご紹介するのは「ドッキング」と「切り替え」のデザインの違いについて。それぞれの旬コーデもチェックしておきましょう!

二つのアイテムを一体化したような「ドッキング」デザイン

ドッキングとは、「二つのアイテムを一つに合わせたデザイン」のことを言います。特に最近人気なのが、トップスとスカートを一つにした「ドッキングワンピース」。

一見別々の服を組み合わせたように見えるので、コーデが苦手な方にはピッタリなアイテムなんです。

別裁ちの生地を縫い合わせた「切り替え」デザイン

2アイテムを合体したようなドッキングに対して、切り替えとは「別裁ちの生地を縫い合わせたデザイン」のこと。

最近ではコットンとニットなど違う生地の切り替えや、白&カーキといった違うカラーの切り替えなど、デザイン性をもたせたアイテムが人気です。

「ティアード」や「ペプラム」は共布切り替えデザイン

種類の違う生地ではなく、同じ生地を切り替えることでシルエットに変化をつけるのが「ティアード」や「ペプラム」デザイン。共布をギャザーやフレア切り替えすることで、裾広がりなラインを演出します。

【ドッキング】重ね着したようなコーデが時短で楽しめる

ドッキングデザインでは「ワンピースとスカート」「ワンピースとベスト」「シャツとニット」など、重ね着したような見た目の服が人気。

ささっと一枚着るだけで、トレンドのレイヤードスタイルが時短で完成します。

【ドッキング】ベストの着こなしもカンタン!

ベストが人気の今シーズンは、プルオーバーやシャツブラウスとベストのドッキングトップスもおすすめ。一体型なので、着こなし方の難しいベストでもカンタンおしゃれに楽しめます。

【切り替え】注目は「プリーツ切り替え」のスカートやワンピース

一方、切り替えデザインで人気なのが「プリーツ切り替え」。プリーツ生地を切り替えたようなデザインからはきれいめ感が漂い、スカートやワンピースが一枚で着映えます。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。