サーマルとワッフル、何が違う? 最近人気の”サーマル”と”ワッフル”の違いを解説!

最近目にすることが多いサーマルシャツやワッフルシャツ。ふんわりしたカジュアルな”サーマル”と”ワッフル”ですが、どちらも似たようなアイテムに使われています。

サーマルとワッフルの違いとは何なのでしょうか?

サーマルはシャツの名前、ワッフルは生地の名前

サーマルとはシャツの種類の名前で、ワッフルとは生地の名前。つまり「ワッフル生地のサーマルシャツ」ということになります。
”シャツの種類”と”生地の名前”でジャンルが違うのですが、最近はどちらも同じようなアイテム名として使われています。

元々アウトドアやミリタリー用のインナーとして使われていたサーマルTシャツ

サーマルとは、「熱の・温度の」という意味が語源。凹凸のある素材で空気の層ができ、保温性に優れていることから、元々はアウトドアやミリタリーの下着として使われていました。

最近ではTシャツやワンピース、カーディガンやレギンスなど、いろんなアイテムに使われています。

柔らかいワッフル生地はお洗濯に注意

デコボコした生地がお菓子のワッフルに似ていることから、ワッフルという名前がついたワッフル生地。
ワッフル生地は柔らかい一方で、洗濯で伸びてしまいやすいのが特徴です。

Tシャツはネットに入れて、ロングTシャツやワンピースは優しく手洗いしたあと平干しすると、水を含んだ状態のワッフル生地がハンガーで伸びてしまうのを防げます。

肌から離れやすいワッフル生地は、体型カバーや夏コーデにも

ワッフル生地は、ふんわり立体感のある凹凸で肌から離れやすいので、体のラインを拾いにくいのが特徴。ナチュラルな体型カバーにもぴったりです。

ワッフル生地のサーマルはコットン素材でつくられていることが多く、吸水性に優れています。サラリとしているので、夏のワンピースにもおすすめです。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。