まろやかに「赤」を着る。ナチュラルに見せたい日の「赤の使い方」コーデ講座

女性らしく映えるカラーの代表、「赤」。コーデのアクセントとして活躍しますが、派手に見えて上手に使いこなせないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

女っぽさよりも、あくまでもナチュラルに、しかしあか抜けたおしゃれ感は出したい。今回はそれが叶う「赤の使い方」をレクチャーします。おすすめはベージュかブラウンと合わせること。赤をまろやかに着ることができますよ。

ベージュのワントーンに「赤バッグ」でワンポイントを

人気のベージュワントーンコーデ。旬のスタイルだけに、気を抜くと「よく見る量産型」になってしまうことってありませんか?

スタイリングに変化をつけるために「赤のバッグ」をアクセントに添えてみましょう。映える小物なら、コーデの邪魔をすることなく全体のおしゃれ度を底上げしてくれますよ。

「赤×ブラウン」ならショートパンツスタイルが大人に仕上がる

フレッシュな印象のショートパンツのセットアップ。ショート丈ボトムスはトレンドアイテムの一つですが、コーデによっては幼く見えてしまいます。

そんなときは「赤×ブラウン」の組み合わせでセンスよくコーデしてみて。こっくりとした同系色で揃えることで、落ち着いた印象にまとまります。「なんか子どもっぽいかも?」そんな不安は払拭できるはずですよ。

セットアップは簡単おしゃれにキマる便利アイテムですが、ただ着るだけだと自分らしさが減ってしまいそう。インナー選びで周りと差をつけていきましょう!

ベーシックコーデに「赤」を添えて華やかに

ブラウンのノースリーブニットにベージュパンツ。廃ることのない王道ベーシックなシンプルコーデですよね。

華やかに見せたい日は、そこへ「赤のカーディガン&バッグ」をプラスしてみて。ブラウンとベージュのコーデに赤が美しく映えますよ。今日は仕事帰りに予定がある……そんな日にもおすすめのスタイルです。

「赤のボーダートップス」はベージュパンツでゆるカジュアルに

「赤のボーダートップス」はベージュパンツと好相性。ボーダー柄はベージュやブラウンと組み合わせるとカジュアルになりますが、赤の色効果により程よい可愛さをキープ。女性らしさも残したいときにぴったりなコンビです。赤のボーダートップスをお持ちの方は、ぜひベージュパンツとコーデを組んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。