無理な若作り感ナシ! アラフォーに似合う「長め前髪×ボブ」ヘアアレンジ帳

ロング前髪×ボブヘア、さらにアラフォー世代のヘアアレンジなら、ファッショニスタ・石田祥子さんにお任せあれ。彼女の髪型は年齢に沿いつつ、とっても今っぽいんです。

どれも簡単にマネできるから、アレンジ作りに抵抗を感じていた方もぜひ挑戦してみて。無理な若作り感なく、自然な若見え効果が発揮できますよ。

「フェイスラインを見せる耳掛けヘア」で小顔効果を発揮

サッと前髪を分けたあと耳掛けをすると、フェイスラインやうなじが見えて、女性らしさが演出できます。フェイスラインや顔の大きさが気になる方も大丈夫。片耳だけ出すことで小顔効果に繋がります。ぜひ一度試してみてください。

「オールバック」は現代の定番スタイル! 質感も重要です

今や定番のヘアアレンジとなった「オールバック」。石田祥子さんのようにヘアバンドを使ってもいいですが、使わずにオールバックを作ってみるのもおすすめです。
その際はジェルやオイルなど、ツヤの出る整髪料を使って。クールな雰囲気の中に抜け感がプラスされ、今風な大人に大変身♪ 後ろ髪は軽く外ハネさせて、ボサボサ感をなくしましょう。

すっきりアレンジでスタイリッシュにキメて。大人クールはこれで決まり

オールバックにした髪をパッと束ねれば、すっきりとしたヘアアレンジに。スタイリッシュな服とぴったりマッチするので、いつもよりかっこいいムードに仕上がりますよ。

「リボン付きヘアバンド」で大人ガーリーを作る。ポイントは”甘辛MIX”

年齢に沿わせつつガーリー感を出したい時は、「ヘアバンド」をプラスしましょう。ブラックのリボン付きバンドであれば甘くなりすぎません。クールなオールバック自体にも甘さを抑える効果があります。
後ろ髪は控えめに、左右交互に巻くミックス巻きにすると、大人ガーリースタイルが完成しますよ。

手をかけすぎが逆にダサい? 「サッと作るハーフアップ」がこなれ感を演出!

ボブヘアの方も「ハーフアップ」なら簡単にチャレンジできるはず。あえてクシを使わず、手でまとめると抜け感が演出できます。上の髪は耳上と同じくらいの高さで束ねて。高すぎると若々しくなりすぎるので注意しましょう。

下ろした髪は軽く外巻きにして、こなれ感を加えてください。アラフォー世代でも気軽に挑戦できる、ハーフアップアレンジの完成です。


「アラフォー」の人気記事>>
The following two tabs change content below.
mana.m

mana.m

美容専門学校卒業後、美容師・アイリストとして勤務。現在は主婦をしながら、ファッションやメイクの知識をWebライターとして発信しています。