「今までの着こなしがしっくりこない」アラフォー世代に♪ 若作りじゃないジーンズのきれいめコーデ術

アラフォー世代になると、「今まで着ていた服がなんだかしっくり似合わなくなった」と感じることも。シンプルな着こなしのつもりが老けて見えてしまったり、おしゃれしたつもりが若作りに見えたりする、アラフォーのカジュアルコーデ。
今回は、アラフォー世代向けのきれいめジーンズコーデをご紹介します♪

大人世代のアラフォーに似合うジーンズは? インディゴのボーイフレンドがおすすめ♪

アラフォー世代の方におすすめしたいジーンズは、インディゴのボーイフレンドデニム。色落ちしたり、ダメージが激しいジーンズはカジュアルコーデにこなれ感を出してくれますが、アラフォー世代の方が着るとだらしなく見えたり、似合わなかったりすることも。濃いインディゴデニムは、ジーンズの中でもきれいめな印象があるアイテムです♪

脚にぴったりとしたスキニージーンズがしっくりこなくなるのも、アラフォー世代の特徴。 ボーイフレンドデニムは、腰周りや足周りにほどよくゆとりがあり、体型が出にくい優れもの♡ 裾をロールアップして、きれいめシューズと合わせましょう♪

黒色ジーンズですっきりスポーティに決めるのもオシャレ

インディゴのほか、デニムパンツを黒色で取り入れると大人っぽさがアップ。収縮カラーのブラックが効いて、脚がほっそり見える効果も期待できそうです。

ゆるっとしたトップスとコーディネートすれば、ブラックジーンズの引き締め感がアップ。スポーティなテイストが加わり、爽やかな大人カジュアルに決まりますよ♪

アラフォーのジーンズコーデには、明るいカラーのトップスが顔周りを明るくしてくれる♪

アラフォーは「好きな服」より自分に「似合う服」をしっかり選びたいという方が多い世代。流行やトレンドに流されるより、自分の生活スタイルに合った着こなしが似合います♪

普段着に欠かせないジーンズをアラフォー世代が上手に着こなすには、「きれいめカジュアル」がポイントです。明るくて淡いトーンカラーのトップスは顔周りを華やかにしてくれる、アラフォー世代おすすめのアイテム♡
こちらのスナップは、ピンクのニット+デニムシャツのレイヤードをインディゴジーンズに合わせて、きれいめコーディネートに♪

 

それでも物足りないときはネックレスやピアスを追加。華やかさをプラスしてくれます♪ 髪をアップにしたり巻いたりするのも動きが出て、顔回りが明るくなりますよ。

きれいめロングジレ&パンプスで、アラフォーのおしゃれなジーンズコーデ♪

年齢を重ねていくと、型や肌や髪など見た目にも変化が出てきます。テロンとしたチープな素材が似合わなくなってきてしまうこともあるのではないでしょうか。しっかりしたカッティングのジャケットやコート、ジレなどのアイテムを合わせることで、きちんと感をプラスして着こなしをきれいに引き締める効果があります♡

こちらのスナップは、ジーンズコーデにツヤのある上質なロングジレをプラスして、落ち着いた大人のカジュアルコーデに♪

色落ちジーンズに濃いカラーを合わせて引き締める♪  ビビッドなピンクが似合うアラフォーコーデ

色落ちしたジーンズにはトップスにはっきりしたカラーを合わせて、着こなしを引き締めましょう♡
こちらのスナップでは、襟が詰まった黒のプルオーバーにきちんと感のあるローファーを合わせて、全体をきれいめに仕上げています。ビビッドなフューシャピンクのバッグが似合うのも、アラフォー世代ならではの良さですね♪

ロング丈アウターでデニムパンツをきれいめに

ロング丈のコート、カーディガン、シャツなど、羽織るアイテムは何枚持っていても困りません。無地のタイプはもちろん、柄ものも持っていれば「コーデが寂しいかも?」というときにサラッと羽織るだけできれいめなコーデに。
縦のラインが強調されるのでスタイルアップも期待できます♪

トレンチコートで、ジーンズのコーディネートを大人っぽく

ロング丈アウターの中でも、キレイめに決まるのがトレンチコート。知的なムードがジーンズを大人っぽくシフトして、アラフォー世代の着こなしにマッチします。

インナーやシューズにカジュアルなアイテムをプラスすると、ラフなジーンズが浮かず、コーディネートに馴染みますよ♪

カッチリしたジャケットとジーンズで大人ハンサムに

きれいめ感ときちんと感を兼ね備えたジャケットは、まさにアラフォー向きのアイテム。ジーンズの着こなしに羽織ると、コーディネートがおしゃれにカジュアルダウン。さらにデ二ムとの相性がいいTシャツをインナーに挟むと、きれいめに決まり過ぎず、自然体なおしゃれが楽しめます。

足元にパンプスをプラスすれば、メンズライクなコーディネートに女性らしさが加わり、大人ハンサムな印象に仕上がりますよ♪

きれいめ要素たっぷりなシャツやブラウスでジーンズコーデを格上げ

きれいめ要素たっぷりなシャツやブラウスを、ジーンズのコーディネートに投入するのもおすすめ。質感のいい生地ときれいなカッティングのものを選ぶと、大人のカジュアルスタイルになじみ、若作り感を感じさせません。

上質なバッグとパンプスを合わせると、カジュアルなジーンズの着こなしがグッと格上げしますよ♪

ワンピースとレイヤードしておしゃれな体型カバーコーデに

ジーンズはワンピースと重ね着してもOK。量感たっぷりなワンピースをレイヤードすればトレンドライクな印象に。さらにワンピースのおかげでボディラインが隠れるので、体の線が気になる方にもぴったりです。

人気の重ね着を楽しみつつ体型カバーも叶う、アラフォー向きのコーディネートです。

インディゴのジーンズ×黒アイテムでモードっぽい2トーンコーデに

黒いコートなどブラックアイテムにインディゴカラーのジーンズを合わせると、全体が黒×ネイビーの2トーンカラーに。

モード感のある配色が効いて、カジュアルなジーンズのコーディネートにおしゃれなニュアンスが加わります。

デザインがおしゃれなサンダルやパンプスをジーンズに効かせて

「おしゃれは足元から」という通り、大人デニムコーデのキモは何といっても「シューズ」にアリ。カジュアルなジーンズを着こなす時は、足元でセンスのいい大人っぽさを演出すると、コーディネートに差がつきます。

特にキレイ色・スタッズ付きなど、エッジが効いたサンダルやパンプスは大人の遊び心たっぷり。ジーンズコーデに華やかさが加わります。

ローファーやレースアップシューズをジーンズに合わせてシンプルに

シンプルに決めたい場合は、カジュアルなジーンズと相性バツグンなローファー・レースアップシューズがおすすめです。がっちりしていてつくりのいいフラットタイプなら大人っぽさが加わり、品のいいカジュアルに。

トップスには、ラフなTシャツやプルオーバーをチョイスしましょう。プレーンなコーディネートでも、さりげなくおしゃれに決まります。

2016年4月14日 公開
2017年3月28日 mamiko 更新
2017年7月26日 watabe 更新
2021年7月31日 karibusa 更新


「アラフォー」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。