「パーカーとコートの重ね着」をおしゃれに! 大人カジュアルな冬のレイヤード10選♪

楽ちんでカジュアルな「パーカー」は冬もおしゃれに着こなしたいアイテム。フードが付いていて重ね着には向かないイメージですが、コートと合わせる場合はどうスタイリングすればいいのでしょうか?

今回は、パーカー×コートのおしゃれな冬コーデをご紹介します♪

パーカーとコート、どう合わせる?

パーカーとコートを合わせるときは、まずパーカーのフードを外に出すのが王道の着こなし方。

襟元にフードのボリューム感が加わる上にコーデのアクセントにもなるので、パーカーはコートとの相性が意外といいんです。

パーカーと相性バツグン! カジュアルな「キルティングコート」

スポーティなパーカーに一番合わせやすいのが、中綿やダウンなどの「キルティングコート」。

定番の黒やカーキ色キルティングコートに今シーズン人気の白のパーカーを合わせることで、トレンド感のあるカジュアルコーデに仕上がります。

「チェスターコート」や「ステンカラーコート」で大人カジュアルに

パーカーは「チェスターコート」や「ステンカラーコート」をラフに着こなすのにもぴったりなアイテム。

コートの外側に出したフードからスポーティなテイストが加わり、大人カジュアルなコーディネートが楽しめます♪

「ノーカラーコート」なら、フードがもたつかず襟元スッキリ

「コートとフードがもたつくのが気になる」という方は、ノーカラーのロングコートがおすすめ。襟のないコートはフードが重ならず、すっきりスマートに着こなせます。

「ニットのガウンコート」はパーカーの系統カラーを選んでオシャレ感UP

王道をちょっと外すなら、パーカーに暖かいニットのロングガウンを羽織ったリラクシーなスタイルはいかがでしょうか。

パーカーとガウンを系統カラーでまとめることで、ゆるく見えがちな組み合わせにモードなおしゃれ感が加わります。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。