靴選びに迷ったら「ローファー」がおすすめ! 3種類のデザインとON・OFFコーデまとめ

新しい靴が欲しいけれど、どれを買えばいいか迷ってしまう……。そんなときは「ローファー」を手に取ってみてはいかがでしょうか?

ローファーはお仕事にも休日にも使えて、しかもヒールレスだから履き心地がいいのもメリット! 1足あればどんなシーンでも活躍してくれる、コスパ最強シューズなんです。

この記事ではローファーのデザイン3種類と、お仕事コーデ・休日コーデをそれぞれご紹介。ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

【ローファーの種類1】ビットローファー

まずは、ローファーの代表的なデザインを3つご紹介します。

一つ目は甲に施された金具が特徴的な「ビットローファー」。金具がついていることで、足元がカチッとした印象に仕上がります。ハンサムさと華やかさのいいとこ取りができるデザインです。

【ローファーの種類2】タッセルローファー

次は「タッセルローファー」。その名の通り、甲の部分にタッセルが施されたローファーのこと。タッセルが足元に立体感を作る、ローファーの中でもおしゃれ度が高い名品です。

メンズライクなデザインですが、タッセルがつくことで女性らしいコーデにも取り入れやすくなります。

【ローファーの種類3】コインローファー(ペニーローファー)

三つ目にご紹介するデザインは「コインローファー(ペニーローファー)」です。甲のベルト部分に切り込みが入っているのが特徴。その昔、この切り込みに学生たちが1セントコイン(ペニー)を入れていたことが名前の由来になっています。(※諸説あり)

ローファーの中ではベーシックなデザインなので、どんなスタイリングにも合わせやすいのが◎。

次はローファーを使った、おしゃれなお手本コーデをご紹介します! お仕事・休日に分けてご紹介するので、ローファーの万能さをぜひチェックしてください。

「ローファー」を使った”お仕事・オフィス”コーデ

足元にきちんと感を出せるローファーは、お仕事服と相性バツグン。しかもパンツ・スカートどちらにも合うので、活用の幅がかなり広いんです!

まずはシンプルなジャケットに、ブラックのビットローファーをプラスした着こなしから。全体をモノトーンでまとめて、ハンサムなお仕事コーデに仕上げています。足首を見せて少し抜け感を作ると、親しみやすさがアップしますよ。

 

「フレアスカート×ローファー」もおしゃれに見える組み合わせ。こちらはスカートの柔らかな雰囲気に合わせて、ブラウンのローファーをセレクトしたバランスが素敵です。シンプルコーデに映えるエナメル素材も、全体のアクセントに。

 

レディなタイトスカートコーデにも、ハンサムなローファーがお役立ち! 足元をピリッと引き締めることで、好バランスなお仕事ルックが作れます。地味になりすぎないように、ビットローファーやタッセルローファーを選んで、少し華やぎをプラスしてみてください。

「ローファー」を使った”休日・カジュアル”コーデ

ローファーは休日カジュアルコーデにも大活躍。程よくきちんと感がある靴だからこそ、大人な休日スタイルをメイクできますよ。

まずはデニムスタイルにローファーをプラスした、大人カジュアルコーデをお届け。足元にきちんと感を漂わせることで、デニムが一気にクラスアップします。

オフィスでのパンツスタイル同様、足首を見せて抜け感を作るのがおすすめです。寒い場合はタイツやソックスを足しても可愛いですよ。

 

こちらは、パープルカラーが可愛らしいフレアスカートを黒のビットローファーでピリッと引き締め。甘辛バランスを楽しみたい日にもローファーが使えます。甲まで覆うローファーなら、ボリューミーなスカートに負けずバランスを取りやすいのもGOOD!

 

定番デザインのローファーは、トレンドアイテムと組み合わせても違和感なく使えます。例えば今っぽいニットベストコーデにローファーを添えて、程よいきちんと感をプラス。またミントグリーンなどのパステルカラーと組み合わせるのも、キャッチーな意外性を楽しめますよ。

靴選びに迷ったら、ぜひ「ローファー」を手に取ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。