この春、デニムは「ワントーン&キレイめ」一択! 女っぽコーデ計画

カジュアルファッションの代表格「デニム」。このアイテムを女らしく着たいなら、ワントーンできれいめに仕上げるのがイチ押しです! おしゃれな#CBKモデルを参考に、2021春のデニム計画を一緒に立ててみましょう。

【デニム×ブルーのワントーン】モノトーン派さんも大丈夫!

カラーの服はあんまり着ないモノトーン派さんでも、ブルーデニムだけは特別!なんて人も多いはず。スナップのように、ブルーデニムの水色を拾ってワントーンに仕上げてみませんか?

この着こなしの足元はホワイトのスニーカーが正解。抜け感が出て休日のデニムルックがおしゃれに格上げされます。

【デニム×ホワイトのワントーン】通勤もOK!

「オールホワイトコーデ」に難しさを感じることってありますよね。それなら身近なデニムアイテムからトライしてみましょう。

程よい太さと若干短め丈のデニムパンツなら、膨張しがちなホワイトも難なくクリア♡ デザインブラウスと組み合わせれば、オフィスにも躊躇なく着て行けそうです。

【デニム×ダークカラーのワントーン】「フレアパンツ」にチェンジしてみる!

最近ネイビーやブラックのスキニーパンツがしっくりこない……。そんな方はパンツのシルエットを「フレア」にチェンジして再挑戦を!

合わせた愛用フーディの鮮度も一気に高まりますよ。仕上げにレザーの質感を加えれば、重たく見えないダークカラーコーデが完成します。

【デニム×ワントーンのワンピース】パンツ以外のデニムアイテムにも挑戦!

最後にパンツ以外のデニムアイテムをご紹介。デニム素材は定番感や親しみやすさがある分、実は冒険しやすいんです。ラフな印象の「デニムジャケット」も、ワントーンのシックなワンピースとならキレイめに着こなせます♡

安定のインディゴブルーはもちろん、差し色になる薄いブルーにトライするのも楽しいですよ♪ ジャケット以外なら、長めのデニムスカートで90年代っぽい雰囲気を演出するのも素敵。

この春、女らしいデニムコーデにぜひトライしてみてくださいね!


「デニムパンツ」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。