新常識! 着太りしない「カラーボトム」のコーデ方法

今シーズン旬の「カラーボトム」。着太りしそうで挑戦できずにいる、なんて方はいませんか? 実はコツさえ掴めば簡単に穿きこなせるんです!

その方法は【ベーシックカラーを足す】、または【同系色でまとめる】こと。#CBKモデルのおしゃれな配色コーデをお手本にしてみましょう。

【1:オレンジボトム×ホワイト】膨張色を引き締める♪

こっくりだけど軽快な「オレンジボトム」は、ホワイト・ベージュ系トップスの引き締め役に最適! ホワイト×オレンジでコーデすれば、コントラストでメリハリも効かせられます。膨張しがちなホワイトのボリュームニットだってすっきり着こなせますよ。

オレンジボトムをしっかり引き立てるため、足元はボリューム少なめでまとめましょう。

【2:ピンクボトム×グラデーション】同系色でスラリ感が際立つ!

フェミニンな印象の「ピンクボトム」はブラックやグレーで無難にまとめず、同系色でグラデーションを作るとスラリ見え効果が高まります。スナップのように、上下ともペールトーンの優しいピンクを使えば、春らしさも満点!

もしハッキリとした顔立ちで薄いピンクは苦手、とお悩みなら「ボルドー×フューシャピンク」がおすすめ。赤系グラデーションがエレガントなスタイルを叶えてくれます。

【3:グリーンボトム×ワントーン】上下グリーンならすっきり細見え!

今季注目の「グリーン」。実はダークなトーンならネイビーと同じ感覚で使えるので、コーデは意外とカンタン! 例えばグリーンのプリーツスカート&ワントーンで縦のラインを強調すれば、品も着痩せもGETできます。

グリーンコーデに使う小物はホワイトより、馴染みよく浮かないベージュを選ぶのが◎。

【4:ブルーボトム×ブラック】上品に見えるお得な配色♪

フレッシュな「ブルーボトム」は品格を与えるブラックと相性バツグン! スナップのようなセンタープレスのテーパードパンツなら、カラーボトムなのに大人顔に決まります。

足元はポインテッドトゥ×ピンヒールのブラックパンプスで、文句なしのほっそり脚を手に入れて。


「配色」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。