女性らしい着こなしって? こっそり知りたい大人ファッションの基本

せっかく女性に生まれたのだから、それを存分に生かしたオシャレを楽しみたいですよね♡ とはいえ「女性らしい着こなしって、どうするのが正解なの?」とお悩みの声もチラホラ。

それを叶えるには、肌見せやボディラインを強調するスタイリングが必須です。#CBKモデルを参考に「女性らしい着こなしの基本」を一緒に学んでいきましょう♪

【基本1】「鎖骨」を出しつつカジュアルに

大人の女性らしさを演出するなら、まずは「鎖骨見せ」からトライを! デコルテはお肉がつきにくい部分なので、体型に関係なくチャレンジしやすいテクニックです。

とはいえカジュアル感を足して、セクシーさを調整するのも大切。モデルさんは地厚なVネックのゆるニットをホワイトデニムパンツに合わせて、甘さ控えめなスタイリングを楽しんでいます♪

【基本2】「抜き襟シャツ」をワードローブに常備

次にご紹介するのは、鎖骨とうなじの両方を見せることができる「抜き襟シャツ」。着るだけで女性らしさを演出できる優れものです!

モデルさんは、抜き襟で着たピンクのシャツにタックパンツをコーデ。かっちりとしたストライプシャツからの肌見せは、そのギャップに女っぽさが際立ちます♡

【基本3】肌見せは「ボディラインを隠す」

トレンドのシアー素材シャツも肌見せアイテムの代表格。大人の女性らしいスタイルへ導いてくれる、よきパートナーになってくれますよ♡

ポイントは「ボディラインを隠すこと」。スナップではゆとりのあるサイズ感のシャツを選び、さらにボタンをしっかり留めて過度な肌の露出をセーブ。きれいめのパンツを合わせて、女っぽさと上品さの両方を叶えています。

【基本4】肌の露出を控えた上で、「ボディライン」を目立たせる

「肌見せ」だけが女性らしい着こなしではありません。「ライン見せ」でアピールするのも素敵です♡ しかし、肌見せとライン見せの両方を同時に取り入れると下品に見える恐れがあるため、大人世代は避けるのがベター。

スナップのようなボトルネックのリブニットなら、ボディラインを強調しつつも露出を控えた、大人の色気が引き立つ装いに仕上がります。

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。