「ビッグカラー」、どんなのが人気? 2021春夏トレンドのビッグカラーアイテム4種をご紹介!

昨シーズンの袖コンシャスブームに続き、2021春夏は「ビッグカラー(大きな襟)」がトレンド入り。有名ファッションブランドから「ビッグカラーデザインのブラウス」が続々と発表されたことで、ますます注目を集めています。具体的にはどんなデザインが人気なのでしょうか?

今回は、特に人気のビッグカラーアイテムを4種類ピックアップ。デザインの特徴とコーディネートをチェックしていきましょう!

1:大きな襟で顔まわりが華やぐ! 人気の「ビッグカラーブラウス」

今シーズン人気のビッグカラーは、肩先まであるような大きな襟が特徴。大人っぽくてモードというより、どこか懐かしい雰囲気を感じさせるデザインがトレンドです。

ビッグカラーのブラウスは、顔まわりがパッと華やぎ、小顔見え効果もあるアイテム。可愛くてレトロなムードの襟が効いて、ほっとやさしいコーディネートに仕上がります。

2:アクセサリー感覚で気軽に楽しめる「ビッグカラーの付け襟」

ビッグカラーを気軽に楽しめる「付け襟」は、昨シーズンからじわじわ人気上昇中。実はビッグカラーのブラウスよりも手軽でハードル低めなんです。

使い方は、Tシャツやスウェット、ニットなどノーカラーの丸首トップスやワンピースにのせるだけ。その日の気分に合わせて付け足すだけなので、アクセサリー感覚で気軽に使えそうですね♪

3:清潔感たっぷりで爽やかな「セーラーカラーのブラウス」

前が丸首・後ろが四角い形の「セーラーカラー」も人気のビッグカラー。水兵服に由来しており、学生服にも使われるデザインはすっきりとした清潔感が魅力です。

初夏のパンツスタイルに組み合わせると、シーズンムードたっぷりな爽やかさが引き立ちます。

4:ロマンティックな「ラッフルネックのブラウス」をゆるっとカジュアルに

ひらひらとした波のようなドレープの「ラッフルネック」。ラッフルとは「波立つ」という意味で、フレアがたっぷり入った「ひだ飾り」のことをいいます。

ロマンティックなイメージのブラウスには、ゆるっとしたパンツを組み合わせて。ラフ感があるパンツのおかげで、甘めなブラウスが普段使いしやすくなりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。