40代50代がフェミニン袖を着こなすには? 若作り感のないコーデテクニック♪

2021夏は「フェミニン袖のトップス」がトレンド。可愛いデザインの袖は大人世代にとって着こなしにくいイメージがありますが、実はスタイリング次第でおしゃれに決まるんです。

今回ご紹介するのは、40代50代にぴったりな「フェミニン袖」コーデ。#CBKの人気モデル・園部知美さんのスタイリングをお手本に、若作り感のないテクニックをチェックしていきましょう!

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

パフスリーブ:ネイビーのTシャツで取り入れて甘さ控えめに

「パフスリーブ」は今シーズン人気のフェミニン袖の一つ。しかし可愛らしい反面、子どもっぽいイメージがある面も。特に半袖のパフスリーブはフォルムがぷっくりと丸いため、大人世代には難易度高めです。

そこで選ぶべきはネイビーのTシャツ素材! Tシャツ生地なら、パフスリーブのボリュームが控えめ。さらにきちんと感のあるネイビー色で取り入れると、フェミニン袖の甘さが引き締まります。

フレンチスリーブ:縦ライン&裾デザインを効かせて二の腕カバー

ちょこんとして短い「フレンチスリーブ」は清楚で可愛い雰囲気が魅力。季節感のあるデザイン袖ですが、肌を露出するだけに、二の腕が気になります。

二の腕を目立たなくするには、トップスに「縦ラインが入ったデザイン」を取り入れるのが効果的。Vネックや縦方向のギャザーがあるトップスなら、真っすぐなラインが効いて、コーディネートがすっきり見えに。

また裾にサイドスリットやドローストリングといったデザインが入ったものもおすすめ。視線が下に流れるので、二の腕カバーに効果的です。

バルーンスリーブ&タックスリーブ:渋めカラーで落ち着いた印象に

「バルーンスリーブ」や「タックスリーブ」のフェミニン袖トップスは、首が詰まったネックラインで取り入れるのが◎。さらに渋めなカラーをチョイスすれば、甘めなデザインの袖が大人っぽく落ち着きます。

ブルーやグリーン色のスカートやパンツに組み合わせると、すっきりと爽やかなコーディネートに仕上がりますよ♪

ノースリーブ:Iラインワンピースで取り入れて、ボトムとレイヤード

フェミニン袖ではないけれど、着こなしが難しいのが、肌見せする「ノースリーブ」。まずは真っすぐなシルエットのワンピースで取り入れて、縦長のIラインシルエットを生かして二の腕をスッキリ見せましょう。

とはいえ40代50代の女性がシンプルなノースリーブワンピースを一枚で着こなすと、若作りに見えたり、ダラしなく見えがち。そこでロングスカートやワイドパンツをプラスすれば、コーディネートに重量感が加わり、落ち着いた印象に。また重ね着をして脚を見せないようにすることで、露出感を感じさせず上品に決まります。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。