高知への旅行、服装は何がいい? 春夏秋冬のおすすめ予習コーデ

歴史を感じられるスポットから自然あふれる名所まで、高知県は楽しみ方が無限大! 海の幸にも恵まれており、グルメな大人女子もきっと満足できますよ。

高知は「平均気温が高い」といった特徴があるため、旅行するなら気候に合うスタイリングを考えておきたいところ。そこで今回は、高知旅行におすすめのコーディネートを季節別にご紹介します♪

春の高知旅行|「ジャケット」で気温の変化に備えて

3〜4月ごろの高知は気温の変化が激しくなることもしばしば。寒暖差に合わせて調節できるように、ジャケットなどのライトアウターを用意しておきましょう。

デニムジャケットにバレエシューズを組み合わせると、寒暖差対策も歩きやすさもバッチリ。フレアスカートで上品にまとめたら、「モネの池」を訪れて絵画のような世界観に浸るのがおすすめです♡

夏の高知旅行|「シアーシャツ×タンクトップ」で蒸し暑さを回避

夏シーズンの高知旅行で外せないのが、風物詩である「よさこい祭り」です! よさこい祭りでは外で過ごす時間が長くなるため、涼しさを重視したスタイリングがマスト。

特に高知の夏は気温が上がりやすく、高温多湿で蒸し暑い日が続きます。せっかくの旅行で熱中症にならないように、涼しく過ごせるタンクトップがおすすめ。冷房対策としてシアーシャツを用意すれば、屋外と屋内の気温差にも対応できますよ♪

秋の高知旅行|夏の装いに「カーディガン」をプラス

過ごしやすい秋の高知旅行では「高知城」をのんびり散策するのもいいですね。とはいえ9月ごろの高知はまだまだ暑く、30度超えの日も珍しくありません。

半ばあたりからは朝晩が冷え込むため、夏用の着こなしに薄手のカーディガンを合わせると快適に過ごせますよ。10月に入ると気温が下がり始めるので、ライトアウターで体温を調節するのがポイントです。

冬の高知旅行|「真冬用コート」でしっかり防寒

暖かいイメージがある高知ですが、冬の「四万十川(しまんとがわ)流域」では雪が降ることもあります。寒さに負けないスタイリングを作り、四万十川の美しい雪景色を堪能しましょう。

12月頃は平均気温が10度以下になることもあるため、真冬用のコート×ニットの組み合わせが最適。タートルネックで首元を温めれば全身がポカポカして快適に過ごせます♪

The following two tabs change content below.

山本茉莉

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。