「プリーツパンツ」をとことん着回し! おしゃれさんのコーデアイデア13選

柔らかくて着心地バツグンなのに、おしゃれ見えする優秀アイテムといえば「プリーツパンツ」。一見インパクトがありますが、着回し力も高く、持っていると本当に使えます!

そこで今回はシンプルコーデからちょっと凝ったレイヤードスタイルまで、「プリーツパンツ」を使った着こなしをたっぷりお届け。ぜひ参考にしてみてください。

「シンプルトップス×プリーツパンツ」の着回しコーデ

プリーツパンツはそれ自体がおしゃれな立体感を演出してくれるので、シンプルな装いもバランスよく決まります。初心者さんは、まずこのバランスからチャレンジを。

まずは無地Tシャツ×イエロープリーツパンツの組み合わせ。シンプルですが、カラーのプリーツパンツを使うことで、簡単に華やかな夏コーデが完成!

 

シンプルトップスを合わせるときは「柄のプリーツパンツ」もおしゃれです。特に2021年はデザインが大豊作! スナップのようなニュアンスパターンならモードに着こなせるのでおすすめです。

 

こちらではバックプリントTシャツを合わせて、プリーツパンツをストリートカジュアルに。ガチガチのストリートスタイルはちょっと挑戦しづらいですが、プリーツパンツのゆるさを加えれば、とっても着こなしやすくなりますよ。

「シアー&メッシュトップス×プリーツパンツ」の着回しコーデ

とにかくトレンド感を重視したい方は、プリーツパンツに流行素材のトップスを合わせて最旬コーデを楽しんで。今季は「シアー&メッシュ素材」がイチオシです。

こちらはメッシュニット×ミントグリーンプリーツパンツの爽やかコーデ。トップスもボトムスも立体感のある素材なので、形はとことんベーシックなものを選ぶのが正解です。

 

夏の定番アイテムになったシアーシャツも、プリーツパンツと相性のいいアイテムの一つ。スナップはホワイト×寒色系の爽やか配色とシアーな透け感のおかげで、清涼感たっぷりな大人コーデに!

「ブラウス×プリーツパンツ」の着回しコーデ

ブラウス×プリーツパンツの組み合わせは、ブラウスがトレンドになっている2021春夏ならではのおしゃれコーデ。上品なトップスにプリーツパンツのカジュアルさが意外とマッチします♪

フレア袖&ティアードのブラウスには、タイダイ柄のプリーツパンツでモードな雰囲気をプラス。パンツもフレアをセレクトすることで、コーデ全体のシルエットに統一感が生まれます。

 

フリルカラーのガーリーなブラウスは、プリーツパンツのラフな印象をプラスするとグッと親しみやすい印象に。ブラウス×パンツをワントーンで揃えることで、異なるテイストでも着こなしやすくなりますよ。

「ロング丈の羽織りもの×プリーツパンツ」の着回しコーデ

プリーツパンツはヒップや腰回りのラインが気になる……。そんな方はロング丈の羽織ものを組み合わせてみてください。フロントにIラインもメイクできるので、スッキリ着回せます。

ロング丈の羽織ものを使うときは、インナーとプリーツパンツの色を統一すると縦ラインが強調されて、よりスタイルアップ! プリーツの折りひだが縦のラインを作ってくれるので、美脚効果もバツグンです。

 

こちらは先ほどのコーデとアイテムは似ていますが、メインカラーをブラウンにしてナチュラルに。似たようなアイテムでも色を変えるだけで、こんなにも印象チェンジします。なりたいイメージでカラーをセレクトするのも楽しい♪

「ワンピース×プリーツパンツ」の着回しコーデ

着心地のいいプリーツパンツは、ワンピースとのレイヤードスタイルにもってこい! 重ねるワンピースによって印象もガラリと変わるので、お好みに合わせて着回してみてください。

こちらは、ベーシックなAラインのカットソーワンピースにプリーツパンツをIN。スタンダードな重ね着なので、キャッチーなカラーを取り入れて遊び心を加えるのも◎。

 

短めワンピース×プリーツパンツのレイヤードは重心が下がり過ぎず、すっきりした印象に。ダークカラーのワンピースを重ねる際はこのバランスだととってもコーデしやすいので、試してみてください。

 

きれいめワンピースからプリーツパンツをチラ見せさせて、こなれ感をプラスするのもおすすめ。こちらはノースリーブのシャツワンピースを使って上品カジュアルに仕上げています。

 

キャミワンピース×インナー×プリーツパンツのトリプルレイヤードは、周りと差のつくスタイリングを目指す方いイチオシの着こなしアイデア。さらにスポーツサンダルや最旬ヘアアレンジを加えて、おしゃれ度をアップさせてみてください。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。