大人の「ぽっこりお腹」どうやって隠す? 実は視線を誘導するだけでOK!

「ぽっこりお腹」が気になる大人女子は多いもの。今回はそのお悩みを解決します。その極意は視線をお腹以外に誘導することにあり! おしゃれさんの着こなしをお手本にテクニックを4つご紹介します。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【お腹対策1】「ロゴ」に視線を集める!

夏のワードローブに揃えておきたい「ロゴTシャツ」。実はお腹からの視線外しにうってつけ! ちょっぴりカジュアル感が強いから敬遠してしまうかもしれませんが、大人になった今こそ頼れる優秀アイテムなんです。

中でもスナップのようにロゴがやや上の位置にあるデザインがおすすめ。目線が上がることでスタイルアップ効果が高まります♪

【お腹対策2】「きれい色トップス」で視線を上へ!

シンプルな着こなしの流行が落ち着き、最近では派手めな色や柄のアイテムが注目を集めています。スナップのようなブルー×グリーンのロゴTシャツなど、目を惹くトップスを選んでみましょう。トレンド感を演出しつつ視線を上に誘導できて一石二鳥です♪

【お腹対策3】「アクセサリー」に視線を誘導する!

手の周りや首元は、相手にとって常に目が行く場所。少し存在感のある「アクセサリー」を着けて、視線を集中させましょう。シンプルなスタイリングが増える夏、ちょっと違った雰囲気を楽しむのにも便利ですよ。

スナップのようなデザインなら上品に。また、三次元のように立体的なリングも流行の兆し。ぜひ試してみてくださいね♡

【お腹対策4】「肌見せ」の面積を増やす!

着痩せの鉄則といっても過言ではない「首・手首・足首」の3首見せ。実は、お腹からの視線誘導の効果も大きく期待できるテクニックです! モデルさんはブルー×ホワイトの配色が涼しげなストライプ柄シャツで「3首見せ」を完全制覇しています。

例えば、シャツのボタンを外して抜き襟に着た上に、先ほど紹介したアクセサリーの視線誘導をプラスする。袖をまくって手首を見せたり、素足でシューズを履いて足首を見せたり。肌の露出面積を増やすことで、コーデに軽さが出てスッキリ見えますよ。気になるお腹の存在も忘れさせてくれるかも!

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。