ノースリーブワンピースをすっきり着こなしたい! スタイルアップ&着痩せテクニック4つ

暑い日も涼しく快適に過ごせる、風通しのいい「ノースリーブワンピース」。おしゃれだけど、素肌分量が広いぶん体型カバー力が下がりそう……、なんて声もちらほら。でも、ちょっとの工夫でビックリするほどスタイルアップできるんです!

そこで今回は、ノースリーブワンピースのスタイルアップ&着痩せテクニックを4つご紹介。ぜひ試してみてくださいね。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【1】「ノースリーブワンピ+α」の縦ラインを意識的に作ってみる

着痩せするときに意識したい「縦ライン(Iライン)」。袖がない分、縦のラインを強調しやすいノースリーブワンピースですが、さらに+αの縦ラインを作ってあげるとよりスッキリ着こなすことができます。

こちらのコーデでは、ショルダーバッグを肩にかけることで自然な縦ラインをプラス。ワンピースと相まって全体がすっきり見えるんです。

シャツ型のノースリーブワンピースは、前立て部分が縦ラインを作ってくれるのでスタイルアップしやすいアイテム。パンツを重ねて下がった重心も、1本の縦ラインを通すことですっきり見えます。羽織りとして使うときも縦ラインを強調できる優秀な一枚です。

 

こちらはノースリーブワンピースにジレをプラスしたコーデ。袖のないジレを足すことで、フレッシュイエローのワンピースがマニッシュなスタイリングにシフト! しっかり縦のラインを強調してくれるので、スタイルアップ力もバツグンです。

 

こちらはロンパースのスタイリングですが、ロングネックレスを使い上半身にさりげない縦ラインをメイク。今回ご紹介しているテクニックはロンパースやサロペットでも活用できるので、ぜひ生かしてみてくださいね♪

【2】ロング丈で下がった重心は、小物やカーディガン肩掛けで上げる

ロング丈のノースリーブワンピースはどうしても足元に重心が集まってしまうため、ずっしり重く見えたり間延びしたりすることも。それを解消するには、上へ目線を集中させる小物使いを組み合わせるのがおすすめです。

こちらは、トレンドのプリーツハットを使ってコーデのトップにアクセントをON。目線を集めてスタイルアップできるだけでなく、日焼け対策もできる一石二鳥なコーデアイデア!

 

ノースリーブワンピース×カーディガンの肩掛けも、上半身に目線が集まって重心を引き上げてくれる着こなしテクニックです。こちらのコーデのように、ボーダーなどの柄モノトップスを肩掛けするのも◎。ワンピースと肩掛けアイテムの色差があるほど、コントラストが強くなって目線が集まりますよ。

【3】間延びが気になるときは、ウエストマークでメリハリを

肩から裾までストレートに落ちるノースリーブワンピースは間延びして見えるのが悩みの種。目線を上げるテクニックのほか、ウエストマークでメリハリを出すのもスタイルアップに有効です。

こちらはワンピースの上にベルトを巻いてウエストマーク。着痩せ効果だけでなく、おしゃれな奥行きもアップしますよ。

 

元々ウエストマークされているノースリーブワンピースを選ぶのもOK! 自然なメリハリが生まれて、一枚でおしゃれにスタイルアップできます♪

【4】「ノースリーブの二の腕」を隠したい日におすすめのコーデ

最後に、ノースリーブワンピース最大の悩みといっても過言ではない「二の腕」問題について。二の腕を隠したいときにおすすめのコーデアイデアを3つご紹介します。

まずは、カーディガン肩掛けで二の腕を隠すテクニックから。先ほどは目線を上げるための肩掛けテクニックをご紹介しましたが、スナップのように肩を覆うように使えば、二の腕カバーもできるんです。

 

透け感のある羽織りものを使って、涼やかに二の腕をカモフラージュするのも◎。シアーシャツを使えば、今年らしいコーディネートが出来上がります。透ける素材なら、重ね着も重く見えないので好バランス!

 

今年人気のメッシュニットを重ねるアイデアも、ぜひマネしてみてほしいコーデテクニック。こちらも透け感があるので、レイヤードしてもバランスよく決まります。二の腕がきれいに見えるフレンチスリーブや、半袖ニットを重ねるのも可愛い!

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。