”肩幅が広い問題”を着こなしで解決! 華奢見えするコンプレックス解消コーデ♪

生まれつき肩幅が広かったり、水泳などのスポーツで肩ががっしりしてしまうのがお悩み、という女子は多いのではないでしょうか? 男の子らしさやたくましいイメージがある”肩幅が広い”コンプレックス問題。華奢な体型にすることは難しくても、大きな肩幅を感じさせないような着こなしは可能です

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

肩幅が広い女子にはVネック♪ 鋭角に開いた胸元で、肩幅を目立せない♪

肩幅の広さを目立ちくくするアイテムのひとつ、Vネック。鋭角に開いた胸元で肩幅が目立つのを防いでくれます逆に肩を強調するのが、ぴったりめのタートルネックや襟が詰まったボトルネックなどのデザイン。首から肩にかけてのラインをそのままひろってしまうので、がっしり体型が目立ってしまいます。華奢な体型の方が着ると可愛いフリルスリーブやパフスリーブなどのボリューム袖もNG。かえって、肩幅を広く見せてしまいます。

思い切って気になる肩を出して♪ オフショルトップスでスタイル良く見せる♪

肩幅が広いのが気になると肩を隠したくなるものですが、あえてコンプレックスな肩を出すことが華奢見えにつながることも。オフショルダーのトップスで肩出しするコーディネートもおすすめです小柄女子だと貧相に見えてしまうオフショルダーですが、肩幅が広い方が着るとスタイルがよく見える効果があります♪

ある程度肩幅がないと難しいカットソータイプのオフショルダーも、肩のがっしりした人が得意なアイテムです。それでも気になるようならサロペットやオーバーオールを重ねてみて。視覚効果で肩が広く見えるのが緩和できますよ♪

視覚的に肩を華奢見せ♪ 肩幅狭めな黒のサロペットパンツ♪

こちらのスナップは、スクエアなネックライン&肩がコンパクトなデザインのサロペットパンツ。くっきりした黒が視覚的に肩幅を狭く見せてくれます。同じ理由で、ジャンパースカートなどもおすすめですスクエアネックのほかに、深いVネックのカッティングも肩幅を目立たせません。

とろみシャツで肩の華奢見え効果を狙う♪ ボタン開けやえり抜きで女性らしさをUPするコーデ♪

ぱりっとしたリネンやコットンのシャツは、肩の輪郭を鋭く見せてしまいがちですが、シフォンなどのとろみがある素材なら落ち感で肩の華奢見え効果が狙えますシャツのボタンをいくつか開けてVラインを作ったり、えり抜きテクニックで女性らしいニュアンスをプラスする着こなしもおすすめです♪