最終セールは「ベージュの夏服」をGET! くすまない選び方&コーデ♪

新しい秋の服が欲しいけれど、着る期間が短いから購入するか悩む……。そんなときはセールで「秋色の夏服」をゲットするのが得策です! いま買ってロングシーズン楽しめますよ。

秋色といっても多々ありますが、今回は人気カラー「ベージュ」を大特集。大人らしい色である一方で、くすみがちな心配もありますよね。#CBKモデルの着こなしをお手本に、ベージュ攻略法を4つご紹介します。

ベージュ攻略法1:「セットアップ」で縦長シルエットを作る!

彩度が低く落ち着いたベージュは、合わせる色によっては「くすみ」が倍増しがち。実は上下ともにベージュで統一してしまった方が決まるんです! 縦長のシルエットになることにより、スタイルがよくキレイめな印象に仕上がります。

それでもモヤっとしそうなときはバッグの色で調節してみて。スナップのようなブラック、またはレッドなどアクセントカラーを選ぶとコーデが引き締まりますよ♪

ベージュ攻略法2:デザイン性のある「ワンピース」で着映える!

一枚でスタイリングを完成させたい日は「ワンピース」で決まり! スナップのようなデザイン性の高いベージュワンピなら着るだけで華やかな印象に。

また素材選びにもポイントがあります。光沢感のある素材を選べば、くすみを飛ばしつつ簡単に地味見えが回避できるので、ぜひ試してみてくださいね。

ベージュ攻略法3:「白」と合わせてトーンアップ!

ベージュのくすみ感を払拭するのに効果的なのが「白」と合わせること! 大人のくすみを飛ばしつつ、明るい印象へと導いてくれますよ。

モデルさんは艶やかなサテンのベージュスカートに、白地のロゴTシャツをスタイリング。今すぐマネしたくなるような理想の大人カジュアルですよね♡

また、白をボトムで用意しておくのもおすすめ。白パンツならどんなトップスとも相性がよく、一本あると重宝するはずです。

ベージュ攻略法4:「黒」と合わせてメリハリをON!

最後にご紹介するのは、思い切った「黒」合わせでメリハリを出す方法。パキッとした黒の力があれば、ボヤけがちなベージュ服でカッコイイ女っぽさが演出できますよ。

春夏にベージュのキャミソールワンピースが活躍したという人は、涼しくなったらインナーを黒の長袖ニットにチェンジしてみて。これだけで簡単に秋仕様へとシフトします。


【ベージュ】の人気記事
The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。