暑いし「白Tシャツ」でいいじゃない。おしゃれな着回しコーデ集

残暑が続き、まだまだ暑さの残る日々。コーディネートを考えるのも嫌になってきますよね。そんな日は「白Tシャツ」に任せましょう。ボトムを選ばないから、毎日のように着られますよ。

この記事では「白Tシャツ」の着回しコーデを紹介します。

「黒パンツ×白T」はシンプルだからサマになる

やっぱり外せない「白Tシャツ×黒パンツ」コーデ。シンプルなのにスタイリッシュに見える着こなしです。シューズ次第でカジュアルにもきれいめにもできるから、その日の気分で選んでみて。

白Tシャツはオフィスにも着て行ける万能さ!

白Tシャツはオフィスにも着て行けます。ボトムは、普段からオフィス服として活用している「きれいめのパンツ」でOK。この上からジャケットを羽織っても違和感なく仕上がります。

「きれい色パンツ」で白Tを品よく華やかに

華やかな「きれい色パンツ」を合わせれば、見慣れた白Tシャツも上品な面持ちに。可愛さが気になるピンクであっても、甘くなりすぎないのは白Tのおかげ。大人のきれいめカジュアルにぴったりのコーディネートです。

「Iラインスカート」を程よくカジュアルダウンできる

白Tシャツがあれば、女性らしい「Iラインスカート」が程よくカジュアルダウンできます。Tシャツをゆるっとインして、夏らしいリラクシーさを纏った仕上がりに。

上品な着映えが叶う「フレアスカート」とのコンビ

ブラウスと合わせると上品になりすぎてしまう「フレアスカート」。ですが白Tシャツ合わせなら、ブラウスよりも涼しげで、きれいめだけど真面目すぎない。そんなちょうどいいバランスが手に入ります。

きれいめリラクシーに仕上がる「白Tワントーン」

トレンドのワントーンコーデを白Tシャツでもトライ。例えばイージーパンツはラフに見えがちですが、ホワイトのワントーンであればキレイめ感をキープできます。スナップのように、微妙にトーンの違う色合わせをするのもオシャレ。

難しい「ハーフパンツ」がうまくまとまる

最近人気の「ハーフパンツ」はどう着ればいいのか難しいアイテム。ですが白Tシャツ合わせなら難なく決まります。コーディネートのシンプルさが、やんちゃ見えしやすい一品を大人っぽく導きます。

レイヤード必須のアイテムのお供にも最適

「キャミソールワンピース」や「ジャンパースカート」といったレイヤード必須の服たち。コーデに悩んだときは迷わず白Tシャツをチョイスして。絶対に失敗せず、無理なく即おしゃれに。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡