秋のロンT、どうすればオシャレにできる? センスのいいコーデ術♪

夏の間スタメンだった半袖Tシャツも、そろそろ長袖にシフトチェンジ。季節の変わり目にちょうどいい長袖Tシャツ(ロンT)ですが、半袖Tシャツに比べてコーデは物足りなくなりがちです。

ラフ感ゆえに、お部屋着っぽい雰囲気がある「長袖Tシャツ」。おしゃれに着こなすにはどうすればいいのでしょうか? 今回は、長袖Tシャツのお出かけコーデ術をご紹介します♪

【白の長袖Tシャツ】大人っぽい雰囲気の黒ボトムをプラス

ジャケットやカーディガンのインナーに欠かせない「白の長袖Tシャツ」。ベーシックな一方で、単品で着こなすと地味見えしがちです。そこでおすすめなのが、大人っぽい雰囲気の黒ボトムとの組み合わせ。

カットオフのパンツやロングスカートをプラスすれば、モノトーンの強いコントラストが生まれ、白Tシャツのおしゃれ感がアップ。メリハリのあるコーディネートに仕上がります。

【ボーダー柄の長袖Tシャツ】系統カラーのパンツを投入

「ボーダーの長袖Tシャツ」には系統カラーのパンツを投入。パンツとボーダー柄の色味を揃えることで、上下のカラーがまとまり、お出かけモードの着こなしに早変わりします。

ボーダーのTシャツをウエストインすると、きれいめ感も加わります♪

【白のプリント長袖Tシャツ】渋めな秋色パンツを効かせて

「白地のプリントTシャツ」は長袖でも爽やかさのあるアイテム。秋らしさをアップさせるなら、黒やブラウンのパンツを組み合わせてみましょう。パンツの渋めカラーが加わり、シックなシーズンムードが高まります。

【どんな長袖TシャツでもOK】同じカラーのブーツを合わせてお出かけモードに

長袖Tシャツをがっつりオシャレに見せるなら、ブーツを合わせてひと足早く季節を先取りしてみるのはいかが? とはいえ季節的にまだ早めなので、ブーツの色は長袖Tシャツのカラーに合わせておくのがおすすめ。ブーツだけが浮かず、コーディネートになじみます。

さらにツヤッとしたサテン生地のスカートを組み合わせると、おしゃれなお出かけコーデが楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。