40代50代の「ギンガムチェック柄」♪ 取り入れやすくするポイント&コーデ術

「ギンガムチェック」は主にホワイトベースにプラスワンカラーのシンプルな格子柄。少しレトロな印象もありますが、実はここ最近、海外のコレクションで頻繁に提案されているのをご存じですか? 特大チェックからミニチェックまで柄のサイズは豊富。アイテムも多岐にわたります。

そこで今、新鮮に映る「ギンガムチェック柄に大人女性もトライしてみませんか?」というのが今回のご提案です! この記事では、40代50代も取り入れやすい【ホワイト×ブラックのギンガムチェック】アイテムのコーデをご紹介します。

大きめチェックが新鮮! 「ギンガムチェックのバッグ」でアイキャッチのいいコーデに

まず無地の洋服が多いという方にご提案したいのが、スナップのような「ギンガムチェックのバッグ」。少しだけ大きめなギンガムチェックがアイキャッチのよいコーデに仕上げてくれます。「洋服だとなかなか取り入れられない」という方でも、バッグなら気軽にギンガムチェックを楽しめますよ♪

カジュアル&フェミニンなら「ギンガムチェックのロングスカート」♪

続いてのおすすめが「ギンガムチェックのロングフレアスカート」。スカートのヘムラインが揺れてフェミニンに見せてくれる、大人女性の心強い味方です♪ さらにギンガムチェック柄が軽快さもプラス。スナップのようにスニーカーやキャスケットを加えると、こなれたカジュアルコーデの完成です。

「ギンガムチェックのシャツ」で流行りのレイヤードに挑戦!

次にご提案したいのは「ギンガムチェックのシャツ」です。ゆったりシルエットの長袖シャツはロングシーズン使える優秀アイテム♪

今ならスナップのような、トレンドのニットベストとのレイヤードコーデがおすすめです。ギンガムチェックの分量が抑えられ、グッと取り入れやすくなりますよ。

「ギンガムチェックブラウス×ハイウエストサロペット」で大人可愛く♪

最後にご紹介するのは「ギンガムチェックのブラウス」コーデ。スナップのようにブラックのハイウエストサロペットと合わせると、大人可愛いコーデが完成します。

ポイントはトップスをすっきりとインして、ギンガムチェックの分量を控えめにすること。サロペットのデザインも相まって、脚長効果が期待できそうです♪

The following two tabs change content below.

伊藤 マユミ

長年アパレル業界に従事し、メンズ・レディースともに販売員、店長、バイヤーの経験があります。 現在は主にWEBライターとして活動中です。1960年代のヴィンテージものが好きで、いつもアンテナを張っています!