40代、可愛い服でも許される? 痛くない大人の服選び術

「大人になっても可愛い服を着たい!」そう思う40代の方も多いはず。甘いカラーやディテールはいくつになってもやっぱり手放せません。でも、もしかしたらちょっと痛いかも……と不安になることも。

そこでこの記事では、可愛い服を痛くない大人コーデにまとめる服選び術や、着こなしテクニックをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

可愛いの王道「ピンク」の大人な着こなし方は?

まずご紹介するのは、可愛いの王道「ピンク」のお洋服を使ったコーディネート。

スナップはコートから小物までピンクで揃えていますが、まったく甘ったるい感じがしませんよね。その秘けつは、デニムパンツでコーデ全体を程よくカジュアルダウンしているから。また、ピンクの濃淡でメリハリをつけたのも成功のポイントです。

 

こちらはお洋服の色もシルエットも甘い雰囲気ですが、足元のグリーンパンプスのおかげでとってもヘルシーに仕上がっています。ポインテッドトゥのシャープなラインも大人感を出すコツ。

「グリーン」は健康的で親しみやすさを出してくれる色なので、ちょっと今日は甘すぎるかな?と思ったときにぜひ小物でちょい足ししてみてください。

「レース服」はハンサムさをミックスすると大人顔

「レース服」も可愛い雰囲気が好きな方は手放せない一品ですよね。むしろ大人になればなるほど、レースの繊細さに引き込まれていくことも。ただ、何も考えず全身同じテイストにすると幼い印象に見えてしまいます。

そこでレース服には「ハンサムさ」をちょっとMIXするのが大人見えのポイント。
例えば1枚目のスナップでは、太ベルトのハンサムなパンツでレースブラウスをキュッと引き締め。2枚目のスナップではタイトスカートを選ぶことで、”素材は可愛く、シルエットはハンサムに”を実現しています。少し甘さの引き算を心がけると一気におしゃれになりますよ。

「可愛い柄モノ」はエッジの効いた小物合わせで大人コーデに

スウィートなドット柄スカートや花柄ワンピース。可愛い服が好きな方は、どちらも大好物かもしれません。筆者も大好きなアイテムです。ただこれもアラフォーが着こなすときは、ちょっとだけピリッとエッジを効かせるのがおすすめ。小物を上手に使えば簡単にエッジをプラスできますよ。

ポインテッドトゥのブーツやシャープなチェーンバッグを添えて、大人っぽさを演出してみてください。それだけで上品な甘さにシフトします。

可愛い服を「モノトーンでまとめる」のも40代女性におすすめ

最後に、トップスもボトムスも可愛い服でまとめたい! そんなときにおすすめの服選び術をレクチャー。

全身に甘いディテールを使う場合は、色味を抑えてモノトーンでまとめるのが◎。白黒でまとめるのもOKですし、もう少し柔らかさを出したい場合は「グレー」を挟むことで、一気にふんわり感が増します。モノトーンの落ち着いた色合いで、可愛い服が瞬時に大人見えしますよ。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。