40代50代の「よそゆき服」どんなのがいい? オバサンにも若作りにも見せないお出かけワンピース集

おしゃれなレストランや格式の高い日本料理、舞台や歌舞伎の鑑賞などに行くときには、やはり普段着とは違う【よそゆきの服】が望ましいもの。さらに40代50代の女性は、オバサンにも若作りにも見せたくないのが本音ですよね。どんなコーデで行けばいいのでしょうか。

今回ご紹介するのは、40代50代をオシャレに見せる「よそゆきワンピース」。さっと着るだけでサマになるワンピースで非日常を楽しんでみませんか?

体のラインを拾わない、ハリ感がある「シャツワンピース」

体のラインが目立ちにくく上品な雰囲気のワンピースは40代50代にぴったり。オバサンにも若作りにも見えないデザインを選ぶのがコツです。

それほどかしこまらなくてもいいシーンでは、ハリ感がある「シャツワンピース」がお役立ち。布が体から離れボディラインを拾わないため、おしゃれに体型カバーが叶います。さらにウエストマークがあると、メリハリを強調してコーデを引き締めながら、きれいめな雰囲気に決まりますよ♪

冠婚葬祭っぽくない、モードな「ブラックワンピース」

40代50代がブラックカラーのワンピースを着る場合は、冠婚葬祭っぽいデザインは避けるのが◎。スナップのような「ボートネック」や「フレア袖」のデザインなら、おしゃれなモード感が加わり堅苦しさを感じさせません。

クラシカルな雰囲気&とろみ生地の「柄ワンピース」

40代50代には、落ち着いた雰囲気の総柄ワンピースがお似合い。クラシカルな「ペイズリー柄」や「花柄」を、とろみのある生地で取り入れると品よくまとまります。

大人っぽくて甘さ控えめな「フェミニンなワンピース」

40代50代がフェミニンなワンピースをよそいき服に選ぶ場合は、適度に大人っぽさがあるものがおすすめ。「浅いVネック」「手首が見える七分袖」なら、甘さを抑えつつスッキリしたこなれ感を演出します。

可愛い雰囲気のワンピースに加えて、大ぶりのピアス・ネックレスを添えると自然に若見えしますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。