服の「ボトルネック」って何? モックネックとの違いは? 画像でわかるファッション用語・解説

通販サイトやファッション誌でときどき見かける「ボトルネック」というアパレル用語。このごろ人気ですが、どんなデザインなのでしょうか?

今回は「服のボトルネック」を、よく似ている「モックネック」との違いと併せてプチ解説。おしゃれさんのお手本コーデと一緒にチェックしてみましょう!

服の「ボトルネック」とは?

【ボトルネック】とは「ボトル(=びん)の口のような形」をした襟ぐりのこと。襟が立ち上がっている、ハイネックの種類の一つです。

襟の立ち上がりは控えめで、首からやや離れているのが特徴。ぴったりしていないため夏モノで取り入れてもスッキリ爽やか。コーデが暑苦しく見えず、涼しげに決まります。

「モックネック」との違いは?

ボトルネックとよく間違われるのが【モックネック】。こちらもハイネックのデザインの一つです。モックネックには「タートルネック風」という意味があり、タートルネックほど襟が高くなく折り返さないのが特徴。

しかし見た目がボトルネックに似ているだけにアイテムの線引きがハッキリせず、デザインの違いが曖昧なことも。一般的にはボトルネックのように首から離れず、ぴったりしているデザインを「モックネック」といいます。

ボトルネックのトップスは、トレンドのベストと好相性

ボトルネックのトップスは今シーズン人気の「ベスト」と相性バツグン。首が程よく立ち上がっているので、Tシャツよりも上品な雰囲気を演出します。

丸首カーディガンを羽織って、シックに決める

ボトルネックのトップスに「丸首のカーディガン」を羽織るとコーデがシックな印象に。首まわりが詰まり過ぎず程よく抜けているから、首が短い方にもお似合いです。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。