【50代の差し色】アイテムの選び方とコーデのコツ|おしゃれな同世代の着こなし術

モノトーンカラーコーデは落ち着いた印象がある一方で、50代にとっては地味で寂しい印象になる心配も。そんなときは「差し色」になるアイテムを1点投入すると、スタイリングがパッと華やぎ健康的でイキイキとした印象を与えます。

今回は、50代のモノトーンコーデをキレイに見せる「差し色アイテム」をご紹介。リアル世代のお手本スナップを参考に、コーデのコツを学んでいきましょう!

まずは「差し色バッグ」からトライ!

50代が差し色を取り入れるときは、原色に近いパキッとしたカラーがおすすめ。派手めかな?と思うくらいの方がアクセントに効果的です。

差しアイテムの中でも初心者さんが気負わず使えるのが「きれい色のバッグ」。布面積が少ないバッグなら、発色がいいカラーでも悪目立ちなし。コーデにさりげなく華やかさを演出します。

カラーパンツ×モノトーンのトップス

いま大人気の「カラーパンツ」は50代の女性にもぴったりマッチ。パンツはトップスに比べて顔から遠い場所にあるため、きれい色でも着こなしやすくコーデ馴染みがバツグンです。

白やグレー、黒のトップスを挟めば、パンツの発色を程よく和らげる効果アリ。派手色パンツをふだん使いに寄せるのに役立ちますよ♪

差し色ボトム×ワンピースの重ね着

「カラースカートやカラーパンツを買ってみたものの、なかなか着こなせない」とお悩みの方はいませんか。ワンピースを重ね着して、裾から差し色のパンツやスカートをチラ見せしてみてください。きれい色ボトムをほんの少し覗かせることで、コーデが派手見えせずグッとおしゃれになるんです。

差し色アウター×ワンカラーコーデ

ワンカラーコーデには差し色のアウターがお似合いです。中に着るトップスやボトムを黒でまとめてガバッと羽織れば、コーデに映えてメリハリもアップ。大胆なくらいのコントラスを効かせることで、鮮やかさが引き立ち、洗練されたコーデに決まりますよ。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。