「10月の半袖Tシャツ」は変じゃない♪ まだ暑い日~秋の着こなし方

洗濯機でガンガン洗えてサラッとした着心地の「半袖Tシャツ」。夏を過ぎたら着納めのイメージがありますが、実際には10月でも昼間の気温が高いことが珍しくなく、特に10月上旬はまだまだ活躍してくれそう。

とはいえ夏っぽさがあるアイテムだけに「季節的におかしい?」「いつまで着ていいの?」と疑問も。残暑から秋シーズンに半袖Tシャツを着る場合、どうコーデすればいいのでしょうか?

そこで今回は「10月の半袖Tシャツコーデ」を徹底特集。おしゃれさんの着こなしをお手本にご紹介します。

【1】「長袖シャツ」を羽織る

10月は一日の気温変化が激しい時期。昼間は半袖Tシャツ1枚でちょうどよくても、朝夕は涼しく感じられます。

そんなちょっと肌寒いときに便利なのが「長袖シャツ」です。アウター代わりに羽織れば気温調節が可能。落ち着いた色味を選ぶと、半袖Tシャツの装いに秋のムードも加わります。

【2】「デニムジャケット」「ショートコート」「マウンテンパーカー」を羽織る

半袖Tシャツに似合うアウターはカジュアルなデザイン。「デニムジャケット」「ショートコート」「マウンテンパーカー」はアウターの中でも薄手の部類。半袖Tシャツの上に着ても浮いて見えず、コーデに馴染みます。

【3】白Tシャツを「ネックが開いたプルオーバー」からチラ見せ

半袖Tシャツを「チラ見せインナー」に使う手もアリ! 「ネックが開いたプルオーバー」に忍ばせると、重ね着を強調してコーデがこなれ見えします。

また白のTシャツを選べば爽やかさを演出しつつ、顔映りもバッチリ。裾をウエストアウトして着こなすと、リラクシーに決まりますよ♪

【4】ロゴ入りTシャツを「Vネックのプルオーバー」からチラ見せ

ザックリと深い「Vネックのプルオーバーやニット」のインナー使いにも半袖Tシャツはお役立ち。半袖なのでニットの中に着ても熱がこもらず、快適に過ごせそうです。

ロゴ入りの半袖Tシャツならさらに効果的。トップスのVゾーンからTシャツのプリントが大きく見えて、コーデがサマになります。

【5】Tシャツで「クロップド丈ニット」のお腹をカバー

「クロップド丈のニット」は短い丈感ゆえに油断するとお腹が見えてしまいそう。しかし、半袖Tシャツを仕込んでおけば大丈夫。下着っぽさがないから、「あえて見せてるインナーコーデ」と印象づけられます。肌寒い時期の冷え対策にも効果絶大ですよ♪

【6】お目立ちプリントTシャツに「カーディガン」を羽織る

お目立ちプリントの半袖Tシャツは遊び心たっぷり! ロープライスでも数多く販売されているため、気軽にトライできるのが魅力です。

カーディガンのボタンをすべて外して着こなせば、Tシャツのプリントがおしゃれなスパイスに! 「プリントが派手すぎて出番がなかった」なんて場合でも、カーディガン合わせなら着るハードルがグッと下がります。

【7】Tシャツで「ジャケット」をカジュアルダウン

カッチリとした「ジャケット」は今季のトレンド。半袖Tシャツに羽織ればコーデがカジュアルダウンし、きちんと感のあるジャケットを普段着っぽく引き寄せます。

パンツとのセットアップにTシャツを挟めば、テクニック不要で今どきのスタイリングが楽しめますよ。

【8】「レザージャケット」「キルティングジャケット」を羽織って季節を先取り

秋が深まってきたらアウターでひと足早く季節を先取り。「レザージャケット」や「キルティングジャケット」をTシャツに羽織ればシーズンムードがグンとアップ! インナーが半袖Tシャツだから、暑苦しくなく着こなせるのがいいところです。

また、ジャケットの袖が細めでも半袖Tシャツなら問題なし。ジャケットのシルエットに響かず、スッキリしたコーデに仕上がりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。