冬に着てない人はもったいない?! 「冬のシャツ」旬の着こなし5パターン

シャツは春や秋に着るもの? そんなことはありません。最近は冬のシャツの着こなしもトレンドに。とはいえ、一枚で着るには寒いのでレイヤード(重ね着)が前提です。そこでこの記事では、冬のシャツの着こなしパターンを5つ紹介します。

シャツ×カーディガン

深Vネックカーディガンはシャツと相性バツグン。あえて裾を出して着てもよし、もしくは襟元だけ見せて裾はインしてもOK。カジュアルやマニッシュなコーディネートによく合います。

気負わずラフに着られるのに、スナップではレイヤードしているから程よく手の込んだ印象に。

シャツ×タートルネックニット

冬のシャツの着こなしを語る上で外せないのがシャツ×タートルネックの組み合わせです。シャツの下にタートルネックのトップスをインするだけ。これだけで冬でもシャツが楽しめるように。

インするタートルをアクセントカラーにしたり、色のトーンを合わせたり、配色次第でコーディネートの印象を変えられます。

シャツ×ニット

定番のニット×シャツもまだまだ人気。シャツをレイヤードするとニットのほっこり感が端正に引き締まります。

これまでは上のボタンを外して襟を出す着方が主流でしたが、最近は襟を出さずに襟元をチラ見せさせる着こなしも人気。その日のコーディネートで気分な方を選んでみて。

シャツ×スウェット

スウェットとのレイヤードもおすすめです。ラフに見えることも多いスウェットコーデに程よく知的な雰囲気をプラス。シャツを重ねるだけで大人のカジュアルコーデにアップデートできます。

シャツ×ベスト

ベストやジレ、ノースリーブコートを上から羽織るのも旬の着こなし。かさばらないアイテムなら、その上からアウターを羽織れば真冬も楽しめます。羽織り以外にニットベストやビスチェなど、ノースリーブのトップスを合わせるのもおすすめです。

The following two tabs change content below.

mayu

アパレル販売・ファッション誌のアシスタントを経てwebライターに。トレンドやコーディネートのお悩み解決などファッションのことをわかりやすく紹介します。