【寒さ対策】冬のスキニーパンツが寒い! リアルに使える防寒コーデアイデア

冬のボリューム感あるアウターを引き締めるのにスキニーパンツがお役立ち。しかし、すっきり見える一方で下半身が冷えてしまいがちですよね。寒い時期を快適に過ごすには、どうすればいいのでしょうか?

そこで今回は「スキニーパンツの寒さ対策コーデ」を伝授。おしゃれさんのスナップを参考に、冬シーズンを乗り切るコツをチェックしていきましょう!

「冷気を通さないスニーカー×厚手ソックス」をプラス

冬のスキニーパンツは足元の防寒が欠かせません。スニーカーと厚手ソックスをプラスすると冷えの解消に役立ちます。

スニーカーはレザーやスウェード生地を選ぶと、冷たい外気を通しにくく保温性がアップ。もこもことしたアウターを羽織れば寒さ対策しつつ、ぴったりしたスキニーパンツが引き立ちます。

「レギンス代わり」にワンピースやスカートと合わせる

ワンピースやスカートの下に黒スキニーを穿けばレギンス感覚のコーデが完成。重ね着のおかげで下半身が暖かくなり、寒い日でも快適に過ごせます。

ショートブーツに「ブーツイン」する

ぴったりしたスキニーパンツは「ブーツイン」のスタイルと相性バツグン! パンツの裾をショートブーツに入れ込むようにして着こなせば、足元をスッキリ見せながら寒さ対策に効果的。ブーツが映えることで防寒用のコーデに見えず、おしゃれに決まりますよ♪

「スキニー×ロングブーツ」なら防寒とおしゃれを両立

寒さ対策とおしゃれを兼ね備えているのがスキニーパンツとロングブーツの組み合わせ。スキニーとブーツを黒色で統一すれば、アイテムがまとまりコーデ馴染みヨシ。さりげないブーツインスタイルに決まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。