ダウンコートの下に着る服、おすすめは? 寒さ対策とおしゃれを両立するコーデのコツ

真冬のお出かけに最適なアウターといえばダウンコートに敵うモノなし。とはいえ、いざ羽織るとなると「ダウンの下は何がいい?」と困るもの。防寒しながらスッキリ着こなすには、どう組み合わせればいいのでしょうか?

そこで今回は【ダウンコートの下に着る服】を大特集。#CBKモデルのレディーススナップをお手本に、寒さ対策とおしゃれの合わせ技コーデをチェックしてみましょう!

1|ネックが詰まった「ニット」「裏毛スウェット」

ダウンコートの下に着る服というとニットが定番。「ネックが詰まったニット」を着込んでおくと、冷たい外気が入り込みにくく暖かいコーデが楽しめます。「裏毛のスウェット」を挟むのもおすすめですよ♪

このときボリューム袖のニットやスウェットは袖通りが悪く、ダウンの中でパンパンになってしまうので避けた方がベターです。

2|フレアシルエットの「ロングワンピース」

ダウンコートに意外と似合うのが「ロングワンピース」。フレアシルエットを選べばゆったりしたダウンコートに負けてしまわず、きれいめに着こなせます。

腰まわりまですっぽり包み込むので、防寒対策しつつ体型カバーにも効果的。シンプルなワンピース×ダウンコートのコンビはオフィスコーデにも使えますよ。

3|ノーカラーのダウンコートには「タートルネック」

ノーカラーのダウンコートは着膨れしにくい優れものアイテム。もこもこしてボリューミーなダウンがスッキリ決まります。

インナーは「タートルネック」のアイテムがおすすめ。ダウンの襟元から中に着たタートルネックがチラリと見えて、おしゃれなレイヤードが楽しめます。

4|ノーカラーダウンに似合う「パーカー」「ビッグカラーブラウス」

ノーカラーのダウンコートは「パーカー」や「ビッグカラーブラウス」と相性バツグン! 中のフードや大きな襟を出すと映えてコーデのシャレ感がアップ。ボトムはラフなパンツを選び、カジュアルに着こなすのがおしゃれです。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。