コートの前、閉める?開ける? コーデに迷わない冬の着こなし術

冬はコートで出かける直前に「前を閉める?開ける?」と迷ってしまいがちですよね。ある程度のポイントを押さえておけば、お出かけ前の準備がグーンとラクになるんです!

そこで今回は【コートの前を閉めるか開けるか問題】を解決。寒い季節はアウターをどう着こなせばいいのか、おしゃれさんのコーデスナップからコツをチェックしていきましょう。

【前を開ける1】柄トップスを着たときや、首元をスッキリ見せたいとき

コートは前を開けてサラリと羽織ることが多いもの。下に着たトップスとボトムが見えるのでおしゃれが楽しめるのが魅力です。

中でも「柄ニット」「ロゴ入りのスウェット」ならコーデのアクセントに効果的。首元がスッキリ決まるので、こなれ感を出したいときにもおすすめの着こなしです。

【前を開ける2】首まわりにボリュームのあるトップスを着るとき

フード付きなど「首元にボリュームのあるトップス」を下に着るときは、コートの前を開けるのが正解。こうすることでパーカーやハーフジップ、厚手タートルのニットを仕込んでもスッキリ。襟元がモタつかずコーデがおしゃれに決まります。

【前を閉める1】寒いときは全閉め+マフラー・ストールでアクセントを

とにかく寒いという日は無理せずにコートの前は閉めましょう。とはいえ中に着たインナーが見えないため、コーデ全体がのっぺりしがちです。

そこで役立つのが「厚手のマフラー・ストール」。首元にボリュームが加わることで、コーデが寂しく見えないうえに保温性も高まります。

【前を閉める2】主役級のコートなら全閉めしてもサマになる

主役級のコートなら前を閉めてもコーデがサマに。デザイン性が高いコートが映え、一枚でおしゃれに決まります。「寒さ対策の重ね着がおしゃれに決まらない」とお悩みの方にもおすすめの着こなしです。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。