こなれ感は”裾のザックリ入れ”で簡単に作れる♡

こなれ感のある着こなしは目指したいものの、具体的にはどうすれば良いのか分かりませんよね。
夏が近づくにつれ長袖を着なくなるため、以前紹介した「袖クル」も使えなくなってしまいます。
そんな時に使えるこなれ感ワザが”ザックリ入れ”なんです。
トップスの裾をザックリとボトムスにインするだけでこなれ感を出せちゃいます♡
とっても簡単にできるワザなので、ぜひ試してみてくださいね♪
今回はザックリ入れをしているモデルさんたちのコーディネートをご紹介します。

シンプルなコーデもザックリ入れでこなれ感♡

シンプルなコーディネートでもザックリ入れをすることで、こなれ感が出ておしゃれに見えます♡
モードな印象の着こなしにも、ザックリ入れでカジュアルさがプラスされています。
前裾部分だけを少しボトムスにインするのが今年らしい着こなし方に。

ワントーンコーデにも動きが出る!

今年トレンドのワントーンコーデは、一歩間違うとメリハリのないコーディネートになりがちです。
ザックリ入れをすると、スタイリングに立体感が出て動きのあるコーデに。
フロント部分をインしてストライプのパンツ部分を多く見せることで脚長効果もあります。
少しインするだけでもコーディネートにメリハリが出て、半端丈パンツをバランス良く着こなせますね。

ベルトのチラ見せもおしゃれ


ザックリ入れでチラッとベルトが見えるのもおしゃれです。

特にシャツをザックリ入れすると抜け感を出してカジュアルダウンできるので、デニムとの相性抜群です。
トレンドのデニム・オン・デニムもモデルさんのようにザックリ入れで挑戦してみるのはいかがでしょうか?

スカートには”ふんわり入れ”がちょうど良い 

ミモレ丈スカートにはザックリ入れではなく、少し余裕を持たせてインした”ふんわり入れ”がおすすめです。
ウエストが締まって見えるので、体型が華奢な印象に♪
シンプルなTシャツとミモレ丈スカートでもこなれ感が出ておしゃれな着こなしに仕上がります。

ライター:YUKA 

The following two tabs change content below.

YUKA

服飾系大学で映画舞台衣装を専攻に学ぶ。 卒業後、10代後半~20代レディースカジュアル向けの会社にて企画職として従事。 結婚式など、冠婚葬祭のフォーマルな場での装いにも深い知識を持つ"フォーマルスペシャリスト"資格を保有。 現在は一児の母として子育て中。 Twitter:@ua99ha