ロゴ、プリント、無地、今年も大豊作! 夏の定番「Tシャツ」のデザイン別コーデ術♪

夏になると大活躍する「Tシャツ」は、何歳になっても愛すべき定番アイテム。
今年も、ロゴTシャツを筆頭に、たくさんのアイテムがリリースされています。
ボーイズライクなアイテムだから、大人っぽく着こなすにはちょっとした”コツ”が必要。
今回は、子どもっぽく見えないTシャツのコーデ術を、デザイン別に紹介します!

今季も大活躍! ロゴTにはタイトスカートが◎ 

Tシャツの中でも、特に大人気なロゴTシャツ。
大人っぽく着こなすなら、”タイトスカート”を合わせるのがオススメです。
さらに、ホワイトで色味を統一すれば、トレンド感もアップ。
Tシャツの袖も、くるっとまくって、こなれ感を演出するとオシャレに決まります!

定番の無地Tシャツは、潔くシンプルに着こなすのが大人流

冬はインナーとしても活躍する無地のTシャツ。
夏に着るなら、潔く1枚でサラリとコーディネートするのが大人流です!
合わせるボトムスは、本命トレンドのデニムでエフォートレスな雰囲気を後押し。
みんなと差のつくスタイルを目指したいなら、インパクトのあるシューズを合わせましょう。
ただの”カジュアルスタイル”に終わらない、モード感のある”ノームコア”スタイルの完成です。

インパクト勝負! プリントTシャツはモノトーンでスタイリッシュ

子どもっぽく見えがちなプリントTシャツは、黒のスキニーパンツに合わせて「大人のハズシアイテム」として活用♪
カジュアルなコーディネートは、モノトーンでまとめれば子どもっぽく見えません。
ラフになりすぎないように、ポインテッドトゥパンプスで辛口レディに仕上げましょう。

フェミニンなデザインTシャツならコーデいらずで即オシャレ♪

チュールがあしらわれたデザインTシャツは、Tシャツのラフさと、きちんと感を兼ね備えた便利アイテム。
どんなボトムを合わせても、フェミニンに決まるので、「Tシャツのカジュアルさが苦手」という方には、特にオススメです。
モデルさんのように、ガーリーなスカートを合わせれば、清楚なフェミニンスタイルに仕上がります♪

ライター:AYA

The following two tabs change content below.

AYA

祖母は和裁士、母は洋裁士という手芸大好き一家で育つ。 小さい頃からファッション雑誌が大好きで、現在でも数多のファッション誌を読み漁る毎日。 アパレル店員を経て、結婚・出産。 現在は、二児の子育てに奮闘しながら、Webライターとして活動中!