2015夏本番! ファッショニスタのベストカジュアルコーディネートを徹底解剖♡

いよいよトレンドも出揃って季節はまさに夏本番。強い日差しや暑さにも負けず、おしゃれに夏を乗り切るため、ファッショニスタの最旬コーデに学びましょう。
これさえチェックすれば、真夏のおしゃれも問題なし!

リラックス・イズ・ベストなスポーツMIX

夏は”着心地重視”、”楽で着やすいのが一番”ですが、おしゃれに見えるにこしたことはありません。どうせ着るなら楽チンでおしゃれなコーデに仕上げましょう。
まずは楽チンなアイテムをピックアップ。トップは間違いなくTシャツかポロシャツです。肌触りよくも動きやすい、ボトムを選ばず合わせやすい。
次にボトムの中でも楽チンなのは、スウェットパンツかジャージでしょう。スポーツ前提のデザインですから、1番楽なボトムです。
しかしこのまま普通に合わせてはただの体操服になってしまいます。ここからが着こなしポイント、おしゃれのコツです。
トップスの着こなしは、必ず裾をフロントイン。全部出したり全部入れたりではNGです。ボトムのウエスト部分をおしゃれに見せるようフロントの見え方にこだわりましょう。締めのシューズもスニーカーはおすすめできません。抜け感のあるスポーツサンダルを合わせて、こなれをおさえたスポーツMIXに仕上げるのが正解です。

さりげなさで見せるミリタリー、あしらい方で差をつける

アイテムをレイヤーすることの少ないこの時期は、コーデもシンプルになりがちです。よほど素材や柄にこだわらない限り、単調になるのは当たり前。
にも関わらず、おしゃれな人のコーデを見ると、シンプルなのに素敵です。きっとそれは着こなし方が違うから。
今季のトレンド、ミリタリーテイストのカーキシャツも、こなれをおさえて取り入れましょう。そのまますとんとオーバーブラウスすると力が抜け過ぎでNGです。シャツはボタン2、3個分の開きをつくって、腕も肘までの露出を確保します。裾はサイドにふんわりとたるみができるよう、フロント部分をタックイン。この着こなしを応用すれば、シャツのコーデがこなれに見えます。

ワントーンですっきり見せるテクニック、ベージュのロングシャツコーデ

ベージュのワントーンに見えるよう、あえてデニムのショートパンツを表に出さない、計算されたシャツコーデ。
ベージュのハットとロングシャツの統一感が、サファリを想わせる雰囲気です。さらにシューズとバッグの小物使いで、微妙なニュアンスのアレンジ可能。タウンからリゾートまでシーンを選ぶことがありません。あくまでもナチュラルな、リラックスしたスタイルをワントーンで見せるテクニック。
ロングシャツコーデのお手本です。

Tシャツ+デニム、夏のカジュアルはこれでキマり!

Tシャツとジーンズをさりげなく着ている人は、間違いなくおしゃれです。
シンプルな黒のTシャツにヴィンテージボーイフレンドデニムのコーディネート。シャツのタックインから、くるぶし丈にロールアップしたレングスまで、心憎いこなれのテクニックです。
足もとのスニーカーもデニムのトーンを微妙にハズして抜けの演出も効果的。おしゃれのコツを忍ばせて、シンプル・イズ・ベストを表現した夏のカジュアルコーデです。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。