トレンドと個性を両立させたファッショニスタから”本当のおしゃれ”を学ぶ!

トレンドのアイテムや着こなしを取り入れつつも、どこかにぶれない軸を持っている人からは不思議な魅力を感じます。トレンドに振り回されるのではなく、あくまでも取り入れるという姿勢そのものにおしゃれを感じるのかもしれません。
今回はそんなエッジの効いたファッショニスタの、トレンドを押さえた着こなしを厳選してお届けします。
学ぶところがきっと見つかるはずです。

圧倒的な存在感、エッジのきいたブラックコーデ

z7aivjyoo5cjxgqjysgx


ベーシックなTシャツにスキニーパンツを合わせたブラックコーデ。シンプルな組み合わせにも関わらず、小物使いと着こなしによって強い個性がただよいます。
長めのネックレスと、バングル、ショートブーツ、すべてのアイテムのこだわりが、主張しながらひとつにまとまる圧倒的な存在感。デニムのシャツをルーズに腰巻きして、こなれで見せるグランジ技も効いています。

モノトーンをルーズに見せる、オールインワンコーディネート


トレンドのオールインワンをふわっと軽くルーズに見せるコーディネート。重心をかなり低めの腰の位置にして、マニッシュな雰囲気に仕上げているのが新鮮です。
パンツ部分の裾に充分たるみを持たせて、サンダルで抜けをつくるこなれテクニック。トップはシンプルな白のノースリーブを合わせれば、スタイリッシュな夏のモノトーンコーデの完成です。

ソフトにスタイリッシュにがコーデのポイント、今季のトレンド”ミリタリー”


今季のトレンド、ミリタリーはソフトにスタイリッシュに仕上げることがポイントです。MA-1をコーデに組み込むときは、イメージの強いカーキではなく、モードな黒を選びましょう。すっきり落ち着いた雰囲気で、やり過ぎ感をなくします。
トップスには軽めの白を、ボトムにカーキのハーフパンツを投入すれば、ミリタリーを意識しつつソフトなイメージにまとまります。足もとにはハズしのスポーツサンダルかスニーカーで。トレンドを押さえて個性で着こなす、ちょっと差の付くコーディネートの完成です。

小物使いで差をつける、夏のブラックオールインワン


夏のブラックオールインワンは、小物使いで差をつけましょう。トップスは、ほぼ白のTシャツで問題なし。シューズかバッグ、ハットで個性を出して、自分らしさを演出しましょう。
フェミニンなテイストでいくなら足もとにはヒール靴で、こなれでいくならフラット靴で。モノトーンですっきり見せるならホワイトで、遊びを入れたハズしならビビッドカラーを。目指すテイストによってシューズを選べば、個性的なコーデに仕上がります。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。