シックなのはもう飽きた? “ロイヤルブルー”をあえてカジュアルダウンさせた着こなし♪

深みのある高貴な青――”ロイヤルブルー”。2013年にトレンドとなって以来、今や定番となっていますよね。
ロイヤルブルーの「ロイヤル=royal」は「王室の」という意味。西洋ではかのローマ時代から上品なカラーと認識されていました。
トレンドだった2013年当時は、シックな装い×ロイヤルブルーというアイテムが多かったと記憶していますが、ここ最近はロイヤルブルーを取り入れたあえてカジュアルな着こなしがオシャレ。
今回はそんなカジュアル×ロイヤルブルーの着こなしをご紹介します。

ロイヤルブルーのTシャツ×カーキのショートパンツでカジュアルモード感たっぷり

Tシャツにカーキのショートパンツを合わせたコーディネート。
カーキのショートパンツは艶感のあるテクスチャで、足を大胆に見せても色っぽくなりすぎず、モード感が勝ります。
ソックス×サンダルの組み合わせはシックさをプラス。
そしてもちろんポイントはロイヤルブルーのトップス! シンプルなTシャツも、カラーがロイヤルブルーなら、印象的に。袖のデザインも少し変わっていていいですね。

足首を見せたらブラックとロイヤルブルーも重く見えずにクールに着こなせる

ブラック×ホワイトのモノトーンコーデにロイヤルブルーを投入すれば、大人っぽいクールな着こなしになります。
ブラックのロングカーディガンと、ロイヤルブルーの組み合わせは、一歩間違えると重く見えがち。
それを回避しているポイントは、足首を見せているところ!
シューズの中にソックスは履かず、あえて華奢な足首を見せることで、女性らしい印象になります。

クラッチバッグで取り入れるロイヤルブルーは、他の小物とも合わせやすい

自分にとって初挑戦のカラーは、まずは小物で取り入れるのがオススメです。
今や多くの人が持っているクラッチバッグも、ロイヤルブルーなら主張しすぎず持てますね。
メタリックなシルバーのシューズとも相性バツグンです!

シワ加工でぐんとカジュアルダウンしたリゾート着のロイヤルブルーを楽しむ

ロイヤルブルーのアイテムには、少し意外なこんなシワ加工もぴったりです。
マキシワンピは布面積が大きいため、自分にとってベストな色、着ていて楽しい色のものをセレクトしたいもの。
その点、ロイヤルブルーなら、上品さを保ったままに、少し派手な着こなしができますね!
シワ加工でこなれた感じを演出したら、気分はすっかりリゾートです。

いかがでしたか。
シックでクールなロイヤルブルーに、カジュアルも取り入れればまさに最強。
ぜひあなたのワードローブの定番に加えてくださいね♪

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。