紫外線を防ぐカラーって?? 夏の日焼けから肌を守る色選び

紫外線が強いこの季節、ファッションも楽しみたいけど日焼けも気になる…なんてことはありませんか?まだまだ日差しが強い日が続き、美白対策にも気が抜けません。
今日はそんな紫外線から素肌を守り、日焼け対策にもなるファッションのカラー選びについてご紹介します。
色はそれぞれに紫外線を通しやすかったり通しにくかったりという特徴をもっています。この特徴を理解して、おしゃれをしながら同時に日焼け対策もしっかりとしていきましょう!

夏にピッタリの元気色♡ 赤は紫外線対策にも◎

2015-08-14-00-59-23

パキッと鮮やかな赤は紫外線を通しにくい色の代表的なカラーです。ポイントにも取り入れやすく、アウトドアや外へのお出かけにも取り入れやすいカラーなので、日差しの強い日には赤を選ぶのがおすすめです。
夏のマリンスタイルは、鮮やかな赤のスカートを投入してぐんと旬顔にアレンジするのがトレンド感があり今年オススメのコーデです。赤のカーディガンなど、日差しよけの羽織としてもオススメです。
 

グリーンアイテムでさわやかに日焼け対策!

2015-08-14-00-25-22

赤やピンクなどの女の子らしいカラーよりも、どちらかといえばアクティブでカジュアル派という方にはグリーンがオススメです。グリーンも紫外線の遮断力が高く、美白対策の強い味方です。
ちょっと個性派なスタイルにしたいときにも活躍してくれるグリーンは、シャツやスカートでさりげなく取り入れてオシャレ度をアップさせてください。
 

イエローでしっかり紫外線対策をしてさらにオシャレに

2015-08-14-00-47-49

意外にももっとも紫外線を遮断するといわれているカラーはイエローなのです。夏のコーデにもあらゆる形で取り入れやすく、コーデのポイントにもしやすいカラーです。Tシャツやスカート、リネンシャツなどで取り入れて、強い日差しからしっかりと素肌を守って美白対策に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.

otami

美容系雑誌の編集からIT業界に転じてwebデザインやコンテンツ作りに従事しています。ファッション/美容/文学が大好き。虎視眈々と海外進出の機を狙う28歳。