小胸をナチュラルにカバーする4つのポイント♪

胸の小さい方がよく気にすることのひとつに、”ボリュームが足りずに貧相に見えてしまう”ことがあります。
特に重ね着でごまかせない暑い季節の間は、体のラインを強調するシンプルなトップスではなく、胸元にディテールのあるものや、視線をそらせるようなものを選ぶことで、小胸を上手にカバーすることができます。
今回は、小胸でお悩みの方におすすめのコーデをご紹介します♪

大きなフリルカラーのボリュームで小胸をカバーする


トップスの襟に大きなフリルが付いています。このデザインの襟は、胸の大きな人が着るとフリルが広がってしまいますが、小胸の人が着ると、自然な落ち感が出て胸元を自然にカバーしてくれます。
襟の素材はジャージー素材よりも布帛のほうがハリができ、ボリュームが出やすいのでおすすめです。

ティアードのディテールで胸元を自然に隠す


小胸さんには、胸元にティアードのディテールがあるトップスもおすすめです。
フリルの襟と同じで、気になる部分をナチュラルに隠すことで目立たなくする効果があります。
フリル、ティアードのほかに、胸元にドレープやギャザーがあるトップスでも同様に胸元を隠すことができます。

複雑なプリント柄で、小胸を視覚的に目立たせにくくする


トップスに複雑なプリントが入っていると、視覚的に小胸が目立ちにくくなります。
この方法で胸をカバーする場合、トップスの柄はなるべくごちゃごちゃしている方が、より高い効果があります。
ボーダーやチェック、ストライプなどの直線的な柄は、柄に胸のラインが出やすいこともあり、あまりおすすめしません。

ストールで胸元を隠してしまう


「ストールで胸元を隠す」方法です。
こちらのスナップのようにふんわり前に垂らしたり、かるく巻いてボリュームを出すことで、気になる部分をカバーできます。ストールはなるべく大きなサイズの方がおすすめです。

小胸の方はバストの大きい方に比べて、すっきりと服を着こなすことができます。
自信を持って、お好きなコーデにチャレンジしてくださいね!

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。