肩掛けカーディガンでコーデにアクセント♪

コーデをシンプルにまとめると、何か物足りないと感じることがあります。
ネックレスやピアスなどのアクセサリーを付け足すのも良いですが、この時期におすすめなのは「肩掛けカーディガン」です。カーディガンを肩から掛けることで、着こなしに変化をつけたり、差し色をプラスしたりする効果があります。
何より気温の変化が激しいこの時期は、カーディガンをさっと羽織ることもできて、とても便利に使えるんです。今回は、”肩掛けカーディガン”を使ったコーデをご紹介します。

肩からさっと掛けるだけ! ボーダーカーディガンをコーデのアクセントに♪


ボーダーのカーディガンを、白のノースリーブのトップスにふんわり肩掛けしたコーデです。白のトップス×キャメルのボトムというシンプルな組み合わせに、ボーダー柄がアクセントとして効いていますね♪
袖の部分が左右バランスよく見えるように掛けるだけなので、忙しい時でも簡単に完成します。

肩に掛けるだけのボーダーカーディガンがラフなニュアンスを演出


こちらのスナップは、肩から掛けたボーダーカーディガンが黒のオールインワンというシンプルな着こなしのポイントになっています。袖口を結ばないで肩に掛けるだけの着こなしは、ラフなニュアンスが魅力的です。
後ろ姿がきれいに見えるように、カーディガンのボタンは全て留めて、横に広がらないようにしましょう。

最もポピュラーな”プロデューサー巻き”は、着崩れの心配なし


白カーディガンの袖口をゆるく結んだベーシックな肩掛けコーデです。
この巻き方は”プロデューサー巻き”とも言いますね。カーディガンのボタンは全て留めておき、後ろ側から見るとカーディガンの身頃部分が四角くなっているところがポイントです。袖口が結んであるので、肩から掛けただけのコーデより着崩れにくいところもいいですね♪
エアコンで肌寒いときにも使える便利な着こなしです。

ボタンを開けてケープのように着る、エレガントな肩掛けカーディガン


こちらのスナップでは、カーディガンのボタンを全て開けておくことで、ケープのように横に広がるシルエットになっています。普通の”プロデューサー巻き”に比べて、上品なニュアンスがあるのがいいですね♪

カーディガンを肩掛けする場合、袖の部分はゆったり巻くのがおすすめです。伸びるニット素材のカーディガンの場合、あまりきつく巻くと袖が伸びてしまうこともあるので、気をつけましょう。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。