ヘリンボーンの意味|ファッション用語

ヘリンボーンとは、開きにした魚のヘリン(ニシン)の骨のことで、この骨のような織り模様からヘリンボンと呼ばれています。日本では杉の葉のようなので杉綾と呼ばれることも。V字や長方形の模様を縦横に繰り返した織りで、ツイードのコートやジャケット、スーツなど様々なアイテムに使われています。角度で布地の照り方が変わるので、オフィススーツなどの落ち着いたデザインでもおしゃれに見せてくれる模様ですよ。

The following two tabs change content below.