季節の変わり目に、おしゃれと気温差対策を両立する見本コーデ♡

朝は天気が良くて暑くなりそうな予感がしていてたのに夕方から急に寒くなったり、涼しいと思っていたのに室内はエアコンが効きすぎていて暑かったり……。
今や年中体温調節に頭を悩ませていらっしゃる方も多いと思います。
おしゃれと体温調節の両立は、おしゃれ女子にとって大きな課題。
今回はおしゃれ女子たちの体温調節テクニックをご紹介します♪

ストール×半袖トップスで温度差対策

umb25mlmtbngdqkvl3ps

アウター感覚でストールを活用するときのポイントは、”トップスは薄手、ストールは厚手” にすること。
暑いときにはストールなしの薄手のカットソーで過ごし、寒いときにはストールでしっかり防寒しましょう。
ストールは物足りないコーデのアクセントにもなってくれます。ぜひ厚手のものを探してみてください♪

シャツ×肩がけニット×パンツで温度差対策


おしゃれできちんと感があるタイトな白シャツ×パンツのコーディネートは、大人女子の鉄板コーディネート。
流行の肩掛けコーディネートは、体温調節にも一役買っています♪ 『肩を冷やさない』だけでも想像以上の温かさが実感できます。
モデルさんはニットとボトムスのトーンを揃えてコーデに統一感を持たせていますね。

ニット×コーディガンで温度差対策

rpb5deqglkoeirftf62c

流行の『コーディガン』を使ったコーディネートです。
柔らかい素材で、温度差のある時期に持ってこいのアイテム。
インナーにはニットを合わせてコーディガンと素材でバランスを取っているところが着こなしのポイントです♪

Tシャツ×シャツで温度差対策

tbiurkca7eoacoy9kcim

カジュアルな日におすすめなのは、シャツを腰に巻いたコーディネートです。
トップスにはノースリーブなどをチョイスして腰巻きにしたときのボリュームのバランスを意識して、足元にはきれいめのスニーカーをプラス。
カジュアルながらもきれいめアイテムを取り入れた、女らしさも演出できる着こなしです♪

流行を意識しつつ、はおりものなどをうまく使って、しっかりと温度差対策をしましょう♪

The following two tabs change content below.

hiroyo

有名海外ブランドに約8年勤めていました。 ファッション関係や販売に関することが得意です。 現在は、子育て中です。子育に関しては、子供のファッションと幼児教育に関心があります。