冬の寒さに負けない! 春色を使った冬コーデで楽しく春待ちしたい♡

寒い毎日が続きますね。「早く春にならないかなぁ」なんて思っている方も多いはず。
冬にあえての春色アイテムを着て「春待ち」してみるのはいかがでしょうか?

心の中を一足先に春にしてしまいましょう♪

面積の広い大人めピンクコートで、冬なのに春気分♪

コートは面積が大きいので、ここのカラーをチェンジするだけで与える印象もぐっと変わります。
淡いピンクはまさに春色♪
子供っぽい着こなしにならないように、他のアイテムはモノトーンでまとめるのがポイントです。
コートのインもぬかりなくホワイトで、軽やかな春の雰囲気。

ホワイトとピンクのコーデに抵抗があるのなら、インをブラックのワントーンコーデにしてもOKです。

冬こそ着たい爽やかブルーのチェスターコートで、一人だけ目立っちゃおう!

ライトブルーやペールブルーなどのひんやりとした寒色系は、実は冬こそ着ていただきたいアイテム。
秋冬は寒色系を避ける人のほうが多いので、人混みの中でもぱっと目立つ華やかさが手に入ります。
スナップのファッショニスタは、インにガーリーなスタイルで、甘めの春待ち。

チェスターコートはカジュアルなアイテムなので、ガーリーな甘さを引き算できていいですね。

ふんわりイメージのミントのミモレスカートは、春の息吹を感じさせるカラー

ふんわりとしたミモレスカートは、それだけでお花のような、春らしいイメージを与えてくれます。
それだけではなく、どのようなニットとも合うので、使い勝手の良いアイテムだし、ミニが苦手な人にも支持されています。
爽やかなミントカラーは、植物の息吹を連想させる春色。
秋冬のアースカラーの差し色としても優秀なので、ピンクやブルーを見て「なんか違う……」と思ってしまった方にはおすすめです。
ハードルが高いと思うなら、まずは小物から挑戦してもいいでしょう。

いかがでしたか。
春が待ちどおしい気持ちはあるけれど、冬のアウターのおしゃれができるにも今のうち。
春のおしゃれも冬のおしゃれもイイトコどりして、今の季節を乗り越えましょう♪

ライター:みずしま

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。