ショートヘアの方、注目! コーデのお悩み解決します♡

マニッシュな印象を抱かれやすい、ショートヘアの女性。
「ショートヘアは好きだけど、服装が制限されてる気がする……」
そんなお悩みを抱えてはいませんか?
今回は悩みの解消法をお伝えします♪

「ショートヘアが幼く見えがち」は、ボディラインの出るアイテムで解消!

中性的な印象をあたえるためなのか、幼く見られてしまうこともあるショートヘアさん。
ボーイッシュな服装を選んでることがその拍車をかけてしまっていることもあります。
ショートヘアさんは、ボディラインの出るペンシルスカートなど、あえて少し色っぽい服装をすることで、女性的なギャップを演出することができ、しかも色っぽくなりすぎないというメリットがあります♪

「ショートヘアだと首元や胸元が寂しい」は、襟付きシャツ&小物で解決!

ショートヘアだと、首元や胸元がすっきりしすぎてしまい、寂しい印象になってしまうことも。
それを解消するのは、襟付きのシャツです。
モデルさんのように、シンプルシャツを利用するのももちろんOKですが、ボリュームのある襟のドレスシャツもオススメ。

またモデルさんのように、帽子を組み合わせるのもいいですね!

「女性らしい着こなしが苦手」は大ぶりアクセ、イヤリングで解消!

「女性らしさ」を感じるものの一つに、「揺れるもの」があります。
そのため、大ぶりなアクセサリー・ジュエリーをつければ、意外と簡単に女性らしさを感じさせることができるのです。
モデルさんはショートヘアではありませんが、アップヘアにしていますよね。
このように、大ぶりのイヤリングは耳が見えるヘアスタイルにすることが重要なんです。いつも耳を見せやすいショートヘアさんは大の得意!
小顔効果もあるので、積極的に取り入れていきましょう。

いかがでしたか。
「ショートヘア=ボーイッシュ・マニッシュ」というのは単なる思い込み。

ぜひ参考にして、幅広いおしゃれを楽しんでくださいね。

ライター:みずしま

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。