ママ友会の場所やシチュエーション別♪ お手本コーデ4選

子どもの入園・入学に合わせて新しいママ友と出会う機会の増えるこの時季は“ママ友会”が増えるシーズンでもあります。そんな“ママ友会”での服装選び、意外と迷うものですよね。
子ども同伴か大人だけで集まるのか、場所や時間は? シチュエーションごとに選ぶ服装や気をつけたい点も異なってきます。
今回は“ママ友会”でのお手本コーデを、パターン別に4つご紹介していきます。皆さんもTPOに合わせながらママコーデを楽しんでみてくださいね!

「はじめまして」のママ友会inカフェ

初対面の人もいるママ友会では、第一印象を重視したスッキリコーデを目指しましょう。気取らないカフェでの集まりならデニムでOKですが、ダメージデニムやユーズド感の強い淡色デニムより清潔感のあるインディゴが◎。トップスはホワイトをチョイスして顔映り良く、明るいイメージを与えましょう。
襟のあるロングジレをレイヤードすれば“きちんと感”が加わってさらにベター。それでいて腕周りは動かしやすいので、お子様同伴でも安心ですね。
フリンジバッグでちょっぴりトレンド要素を取り入れれば“飾らないオシャレが素敵”なママコーデに!
 

子連れで♪ ママ友宅にお邪魔しま~す!

ママ友の家にお邪魔する時は“オシャレ”と“ラフさ”のさじ加減が難しいですよね。そんな時におすすめなのが“シャツコーデ”です。
ノーアクセサリーでも十分見映えするギンガムチェックのシャツは、子ども一緒に行動するママにも嬉しいアイテム。無地のシャツよりカジュアルなので、きちんと感とリラックス加減が“ちょうどいい”スタイルに仕上がります。
ボトムはワイドパンツを合わせて動きやすく。「何かあれば手伝うよ♪」という気持ちが服装から伝わるコーデを心がけましょう。

子どもを預けてゆったりママ友ランチ会♡

ママだけで集まるランチ会では、せっかくの“大人の時間”を楽しむコーデがしたいですね。ヒールパンプスやクラッチバッグなど、普段は「使えない」とあきらめているアイテムをここぞとばかりに取り入れて、気分を盛り上げましょう!
サイドスリットが大胆なワンピースも、落ち着いたベージュ&ハリ感のある素材で上品にシフトしていますね。ママに嬉しいゆったりシルエットは、太めのベルトでウエストマーク! 着膨れすることなくメリハリのあるコーディネートに仕上がります。

子どもと一緒にのびのび公園ママ友会

親子揃って楽しめるのが嬉しい、公園ママ友会。カジュアルなデニムシャツは、公園の緑に映えるインディゴブルーをチョイスしてすがすがしく着こなしましょう。
マキシスカートで“動きやすさ”と“ママらしい可愛さ”をプラス。風が強くても安心なまとめ髪で、“賢いママのリラックスコーデ”に仕上げましょう。
大きめのカゴバッグいっぱいにサンドイッチやおにぎりを持っていけば、人気者になれること間違いナシですね♪

The following two tabs change content below.

AMO

ショップ販売員の経験を活かして、ファッション関係のライティングを中心に活動中。新米主婦でもあります。 最近は和服に目覚めて、着付け教室に通うのが楽しみのひとつ。 “好き”と“トレンド”の両方が叶う、着る人がハッピーになれるコーディネートの提案を目指しています♪