まだ少し肌寒い日にはデニムシャツがあれば良い♡ 初夏のカジュアルコーデ集

まさに夏本番目前のこの季節。夏らしいファッションを思い切り楽しめる暑い日もあれば、まだまだ少し肌寒い日や、夜には気温が下がる日も。外は蒸し暑いけど、室内や乗り物の中は冷房で寒い……。そんなときに1枚あるだけで、サラリと羽織れておしゃれに見えるおすすめアイテムが、デニムシャツです♪
初夏におすすめのデニムシャツコーデを紹介します。

夏らしいホワイトボトム×デニムシャツで爽やかなきれいめカジュアルコーデ

デニムシャツは、夏には外せないホワイトボトムとの相性もバッチリです。合わせ方によっては地味に見えてしまいがちなデニムシャツですが、シャツの裾を前のみインして袖をロールアップすることで一気にこなれ感が出ます。また、ポインテッドトゥのパンプスを合わせることでグッと大人っぽく女性らしいコーディネートになりますよ。小物はオレンジ、イエロー、ピンクのようなフレッシュなビタミンカラーが今季のおすすめです♪

デニムシャツは今季のトレンドカラーとの相性抜群!

今季の大注目カラー、テラコッタとも相性抜群のデニムシャツ。他にもベージュやカーキなどのアースカラーとも合わせやすいですよ。デニムシャツにアースカラーを合わせることで、トレンドのボヘミアンテイストなコーディネートが簡単に作れちゃいます♪ あくまでもちょっとだけボヘミアンというゆるさが今季のトレンドなので、ハリのあるガウチョパンツ×黒ヒール×クラッチバッグでクールに締めて、上品なアーバンスタイルに。

ロングデニムシャツでスタイルアップ効果をプラス!

夏の王道コーディネート“白Tシャツ×スキニーパンツ”もデニムシャツを加えるだけで一気にお洒落感がアップしますよ♪ さっと羽織るだけで、簡単に縦長効果を演出できるので、サンダルとメガネでカジュアルなのに小洒落た楽ちんスタイルに◎ ロング丈のデニムシャツが1枚あれば、ワンピとしてはもちろん、スナップのように羽織りアイテムとしても大活躍です。

気温に合わせてデニムシャツを腰巻き!

「羽織ってきたけど暑くなっちゃった……。」「夜は羽織がないと寒いかも」そんな時には腰巻きスタイルがおすすめです! シャツの腰巻きスタイルはボーイッシュになりがちですが、スナップのようにチュールスカートのようなガーリーアイテムと合わせると一味違ったコーディネートになりますよ。ガーリーになりすぎないよう、足元は白スニーカーで外しつつ、帽子やバンダナといった小物で遊び心を加えるとグッとバランスが良くなりますね♪

夏の羽織りアイテムとしても活躍するデニムシャツ、まだまだ出番は続きそうです。

 

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。